ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

出る杭は打たれるが、自ら進んで出る杭でありたい

何か改善しようとすると、「自分だけかっこつけるなよ」と横やりが入り、出る杭打たれることは多々あります。

 

自分だけでもかっこつける人が過半数を超えた時、会社そのものの体質が変わる。

 

かっこをつけない人が、居ずらい会社になる。

 

できるかわからないけど「自分だけでもかっこつけてみよう」そう言いたい。

 

自ら進んで出る杭でいたい。

 

もちろん、バランス感覚や、改善のスピードは大切。速すぎず、遅すぎず。

 

「自分だけかっこつけるなよ」発言の背景には、本人のコンプレックスや、忙しく振り回されたくないという誰もが持っている感情がある。

 

コンプレックスの解消法は、それを許すか、逆に生かすかだ。

 

仕事は、もともと、面倒で手間がかかる。だから仕事だ。

 

仕事のバタバタは、一人の気遣いのなさから起きている。

 

「まあ、いいか」

「あ、忘れてた」

「誰かがするだろう」

 

こんなつぶやき、みなさんにも心当たりがあるはずだ。

 

多くのバタバタ劇は、自らが面倒で動かなかったことから発生している。

 

自分だけでも、かっこつけることは大事だ。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.