ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

1クリックの価値増加対策~購買力から動画広告の視聴時間を伸ばし転換率を上げる~

THN MANZAI 2014で博多華丸が

 

ユーチューバ―(youtuber)になりたい

 

と言った時に、笑いが起きた。

 

ユーチューバ―という言葉は、まだあまり認知されていない用語だと思う。(2015年1月7日時点)

 

 

 

1クリックの値段価値

ところで、ある記事の中で、youtubeの閲覧クリック数から推定年収が出ていた。

 

たとえば、動画の閲覧回数が10億回ならばその作成者は、推定年収1億というわけだ。

 

1クリック0.1円の計算だった。

 

本当にそうなるかと少し仮説してみた。

  

 

例えば、次のように条件設定する。

 

製品:1万円の化粧品

再生回数 1万/日

転換率1%

 

1万人 x 1% = 100人

 

すると、上記の売上は

100人 x 1万円 = 100万円

 

1日1万人が観る上記の化粧品動画の売上は100万円になる。

 

そうすると、1クリック=100円になる。

 

0.1円は安すぎるのか?

 

はたまた、転換率の1%が高すぎるのか。

 

そもそも、1万円の商材が高いからなのか。

 

 

 

転換率は様々

ネットを調べると、転換率も様々である。

 

先ほどの転換率1%が仮に大きすぎるならば、上記の例では0.01% つまり、1万の閲覧者の内1人でも1万円の化粧品を買ってくれれば、1万ビューの1クリック価値は1円だ。

 

1円でも十分だろう。

 

ピコ太郎の動画再生回数は1億ビューを越えている。つまり、1億円はすでに確定していると言える。

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

購買力から見る理想的な価格レンジ

さて、少し深堀するが、1万円は一般感覚では大金だ。

(そうかな~?と思った、あなた。あなたはお金持ちです)

 

ところで、普通の人が、気楽に使えるお金はいくらだろうか?

  

  • 1日1本の缶コーヒーを買う程度?
  • 弁当代300~400円 x 20日分ぐらい?
  • 新聞代ぐらい?
  • タバコ2日で1箱ぐらい?

  

上記の仮説が正しいとすると相場は、3000円~5000円ぐらいだ。

 

1か月のサラリーマンの平均お小遣いが2万円ぐらいだと仮説しても、妥当なとこだろう。

 

動画コンテンツとターゲットがマッチすると転換率が飛躍的によくなる。

 

会場の観客は博多華丸の名言に笑ったが、ビジネスでも、youtubeを活用し笑っている人が今日も増える。

 

 

 

人はせっかちになっているので動画はうざい?

2017年現在はインスタグラムが普及してきた。

 

これは、読むこと(文字情報)から一目瞭然の「見ること(視覚情報)」に変換してきたことを意味している。

 

さらに言えば、人は、どんどん、せっかちになっていると言える。

 

動画はじれったいと思う人も多い。特に、スピーディーな時代では、そう感じる。

 

インスタグラムは、瞬時に情報が並列して得られる。

 

一方、動画は、時間軸が直列なのでストレスが溜まりやすい。

 

動画は、文字情報よりわかりやすいが、サクッとした情報収集時は、使いにくさがある。

 

 

 

広告物は視聴時間の奪い合い

 いずれにせよ、広告物は、人の「見る」時間の奪い合い競争だ。

 

だから次の視点がとても重要になってくる。

 

それは、インスタグラムでも、ユーチューブでも、フェイスブックでも変わらない。

 

  1. 面白い
  2. 役に立つ
  3. 使いやすい
  4. 動きが早い

 

 

 

 その他SEOやアクセスビューアップの参考記事

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.