ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

googleですら、象なんだから…

ちゃんと言ったのに~、やってない!

 

 会社で聞かれる、フレーズだ。

 

この、

「ちゃんと言った」

 という言葉は、くせ者だ。

 

1回言ったことは、伝わると思っている人は多い。

 

最近読んだこの本では、

「励まされる部分」と「思うところ」がある。 

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

「励まされる部分」 

googleのように優秀な集団ですら、

社内で、相手に伝わるように20回は言うそうだ。 

そうか、googleですら、象のように腰が重いんだな~。

 

「思うところ」

20回も伝える時間的余裕があるんだな~。

多くの中小企業では、20回を待てるほど

経営状態は安定してない。

 

 

確かに、

1回では伝わらないことは多いが、

「あ、それいい!」と、思う事は、

実行されやすい。

 

できるだけ、1回で伝わるような、「アイデア」を絞り出し

「伝え方」を工夫することである。

 

とはいうものの、

それは実行が難しい場合が多い。

 

そこで、

地味で効果的なやり方を紹介する。

 

ポストイット作戦だ。

 

【イメージ】

f:id:mirukizukublog:20150113094130j:plain

  

ポストイットには、

  • 確認日も明記
  • その確認日をスマホでアラーム設定する

 

誰に、どんな指示をしても、

すべてスマホが教えてくれる。

 

これは、地味だが、効果がある。

 

これを繰り返すと、

「ポストイットに書かれたものは実行しなければいけない」

という社風に変わるので、

 

1度書けば、伝わる会社になっていきます。

 

業界によっては、専用のPDCA管理システムを

導入しているところもありますが、

多くの中小企業では地味なアナログ作戦がまだまだ主流です。(2015年1月時点)

 

 ちゃんと言ったのに~」は、これから無し!

 

ちゃんと、書いて伝えましょう。

 

 

お知らせ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせる、理念実現書の作り方を、本日2015年1月15日15時に第1回をアップいたします。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.