ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

【第20回】 理念実現書作成レジュメ大公開 ~あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせる!~

f:id:mirukizukublog:20141106160135p:plain

タイトル

独自の趣味について ~その2~

 

 

要点

起業よりも、「独自の趣味」を究め、強く必要とされる人になる。

 

 

説明

「独自の趣味」では、

年収1000万以上と同等の付加価値を

めざしてほしい。

 

年収1000万は、難しそうだが、

不可能かと言えば、そうでもない。

 

例えば、

ある「独自の趣味」を究めて、

その趣味に共感してくれるコアファンが100人いたとする。

そのファンから、月謝8,333円をいただければ

年収1000万の達成である。

 

f:id:mirukizukublog:20150318153906j:plain

え?

案外、簡単かも…

 

そう思われたでしょうか?

 

購買力がある人口は約6000万人。

月謝が1万以上の塾もたくさんある。

 

6000万人の

たったの100人でいいのだ。

 

インターネットを使って

世界もターゲットにすれば、

日本の10倍は、購買力人口はあるはずなので、

6億人中のたった100人でいいのだ。 

 

コアファンが10人の場合、1千人、1万人の場合と、

自分の「独自の趣味」の需要を考えながら、

値段設定するとよい。

 

どんな人をターゲットに

何を伝えて行きたいのかを明確にしてほしい。

 

 

起業を考えている人も、まずは、

「独自の趣味」で力を蓄えることだ。

 

なぜなら、

起業して、5年で85%が失敗

10年で94%が失敗するという統計がある。

 

別の資料、

中小企業庁が提供する、

企業の生存率」によれば、

10年で3割

20年で5割

が退出する。

  

 

仮に、独立するにしても、

以下の2点に注意が必要だ。

 

  1. あなたの情熱は、本物か
  2. あなたの「独自の趣味」のニーズはあるか

 

特に、1、を確認するためにも、

以下の生活ができるか自問自答してほしい

 

まず、仕事をすでに持っている人は、

今の仕事は、今以上に頑張る。

 

そして、仕事時間以外の

「独自の趣味」への投入時間は、

 

f:id:mirukizukublog:20150318154807j:plain

 

 

f:id:mirukizukublog:20150318155531j:plain

 

というイメージだ。

 

40時間は、1週間の労働時間と、ほぼ同じだ。

 

ある事を、1万時間行うと、

その分野の専門家になるので、

上記生活を5年間続けることができたら

情熱は本物といえそうだ。

 

それが、「苦」と感じるようでは、

まず、独立はしない方がよい。

安易に独立して、

人生を台無しにした人は多い。

 

「独自の趣味」は、

時間を忘れて没頭できるものだ。

あなたに情熱がないモノは、

ほぼ間違いなく失敗する。 

 

一方で、

上記のような40時間の活動が

できるならば本物であるし、

むしろ、

本業へも応用できるため、相乗効果が

期待できる。

 

ちなみに、

現在の仕事を、「誰よりも一生懸命やる事」が前提なので、

本業での年収も上がっていくだろう。

 

「独自の趣味」から1000万円、

現在の仕事から1000万円

合計2000万円以上をイメージしてほしい。

 

仮に、半分の500万ずつでも、

年収1000万になる。

 

イメージできるだろうか? 

 

また、

「独自の趣味」は、定年退職を迎えた後にも

必ず役に立つ。 

 

退職後も、強く人から必要とされ、毎日収入がある。

 

寂しくなることもないし、

経済的に心配する必要もない。

 

ぜひ、独自の趣味を見つけてほしいと思う。 

 

 

次回内容

「独自の趣味」の見つけ方と具体例

 

 

バックナンバーへのリンク

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106160135p:plain

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

 

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

   

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 【完】

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.