読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

「本音トーク」で、社内が活性化し、売上が伸びると思ってませんか?

 

「本音トーク」と、「売上」に、

相関関係は、ない。

 

よく、

「腹を割って話す」という、対話がある。

 

しかし、

サラリーマンが、

本気で、上司に向かって本音トークなど

できるわけがない。

それが、もしできたら、

相当、図太い精神力を持っている。

 

また、

どんな本音も受け止め、

公平に対処できる

器の広い上司も、稀だ。

 

「今日は、無礼講を許す」という

上司の社交辞令に、本気で、

無礼なことをする部下もいるが、

それも、稀だ。

 

腹を割って話せるのは、

立場がまったく同じ人のみ。

 

腹を割って話す効果は、

「信頼感」「絆」「連帯感」「モチベーション」。

その話と、売上数字は比例しない。

 

売上にもっとも

影響を与えるのは、ズバリ、「戦略」だ。

何を」と「どこへ

 

つまり、

「商品・サービスと」、「ターゲット」の

選定である。

 

この2つは、奥が深い。

 

社内に派閥があったり、

社内対話がうまくできていなくとも、

業績がよい会社がある。

「戦略」がよいからだ。 

 

 もしも、

経営者、社長、営業部長などで、

「本音トーク」が大事だと

飲み会に誘うくらいなら、

従業員一同の生活の安定と向上を

もたらす、「戦略」を必死に研究してほしい。

 

ちなみに、

ソフトバンクの孫正義氏は、

会社を興した後、「1年半」を「何を

探しに費やしたそうだ。

 

 

 

http://www.flickr.com/photos/11738433@N03/4043364183

photo by Mukumbura

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.