ミルキヅクのブログ

見る、気づく!あなたの中の、何のためのを、スッキリさせる、お手伝い

屁理屈社員の活用法!プライド高き営業マンの強みを生かす

 

こんな営業マンがいる。

 

上司があれこれ言うと、

「じゃあ、あなたがやってみせてくださいよ」と言う。

 

―――現場を知らないくせに…と内心思っている。

 

 

逆に、上司がやってみせてしまうと、何かと言い訳を並べる。

 

―――肩書きがあるからできるんだ…

 

 

どちらにしてもアドバイスを聞かない。

 

 

そういった、営業マンの反撃言葉を真に受ける上司もいる。

 

この営業マンの発言はすべて次の要素から来ている。

  • 自分のコンプレックス
  • つまらないプライド
  • 見栄
  • 嫉妬

 

言い訳が多い営業マンは、指示どおり動かない。

指示通り動いて、成果がでてしまうと、今までの自分を否定されるからだ。

 

だから、あれこれ、できない理由を言う。

 

「やるか、やらないか」だけなのに、ぐだぐだ言う。

 

戦国時代で言えば、業務規程に背けば即処罰だ。

 

現代社会は緩い。それは、ビジネスが本当の意味で命の取り合いではないからだ。

 

戦争中では、指示に背くことは許されない。

 

 

確かに、言い分の多い営業マンは困ったモノだが、どんな人にも強みがある。

 

屁理屈営業マンを生かすには、彼、彼女が持っている、別の特技をよく観察することだ。

 

違う視点から観察すると、かなり興味深い特技を持っていることがしばしばある。

 

そこを見逃さずに、伸ばしてあげることだ重要だ。

 

 

いずれにせよ、全営業マンが、各自の「理念」を持って仕事すると、成果の差こそあれ、喜ばれる営業マンになることは間違いない。

 

 

 

営業マンとしての価値を上げる参考ブログ 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

mirukizuku.hatenablog.jp 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.