ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

作り上手で売り下手な社長がすべきこと!ビジネスのヒント子供のように遊ぶ

 

日本の社長は、真面目すぎだ。もっと遊ぶべきだ。

 

圧倒的に、「真剣な遊び」が足りない。

 

「飲む買う打つ」の遊びではない。ゴルフでもない。

 

遊び方にもいろいろあるが、商売は、「人の心理」の把握が大事な要素だ。遊ぶなら、それらを学べる遊びが良い。

 

 

高齢になるほど新しいモノに億劫になる。しかし、体感しなければ消費者の心は掴めない。

 

せめて、話題になったものは全体の1割が始める前に経験してほしい。

 

  • なぜ、購買者はそのツールを使うのか?
  • なんのために使っているのか? 
  • これから売れる物は何か?
  • どんな使い方をしているのか?
  • 人は何をつぶやいているのか?
  • つぶやきの背後にある心理は何か?
  • どんな写真をアップしているのか?

 

 成果を出すためにも、若者以上に猛烈に遊んでほしいと思う。

 

「遊ぶ」と脳が新しい刺激を受ける。刺激を受けた脳は若返る。

 

そして、多くの閃きが舞い降りる。それをメモし、「次の手」のネタとしてほしい。常にメモ帳を持ち歩くことは、成功する社長に多い特徴の一つだ。感性鋭い社長は、天からの宝物(アイデア・インスピレーション)を逃さないメモ魔である。

 

 

作り上手で売り下手が多い日本の社長。常識や慣習にとらわれ過ぎている。売上の減少を外部要因にすることなく、どんな時代でも従業員を守っていかなければいけない。

 

そのために、もっと、他業種や他の国で流行っているモノを研究して取り入れてほしい。

 

仕事が遊びだという人は、他業種の仕事をもっと観察してほしい。東京ビックサイトの各種イベントに参加してみてるとよい。できるだけ畑違いのイベントが良いだろう。

  

罪悪感を持って遊んではいけない。遊ぶ時はとことん遊んでほしい。

 

 

 

真面目な社長のための柔軟発想のヒント  

 

他業種の常識と非常識を自分の業界に応用する

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

成果を最大にする社長の遊び発想術

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

社長の仕事 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.