ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

部下からの尊いお尋ね事

 

部下が、

 

「お盆に、勉強したいので何かよい本はありませんか」

と聞いてきた。

 

稀に見るモチベーションの高い部下だ。

 

下心があるにせよ、無いにせよ、

常に、己を成長させようとする態度は尊い。

 

「本を読む目的は?」

 

と聞くと、

 

「業務の知識を増やしたり、お客さんとの会話が上手になりたい」

と言う。

 

さっそく、

業務知識向上用で2冊準備した。

 

そして、

技術論の前の基本として、下記を紹介した。 

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 石川拓治,NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/04/12
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (27件) を見る
 

 

人としての根源的なことが書いてある本は、たくさんあるが、

 

「自分が変わることで、人は変わる」こと

「人は一人で生きていない」こと

 

そんな事を理解するだけでも、

お客様とのコミニュケーション力は自然と上手になる。

 

往々にして、

頭がよくて、出来過ぎる人は、

独りよがりで、何でも自分でやってしまおうとする人が多い。

 

良く注意して行動しないと、

冷酷に見えたりもする。

 

その部下に、

余計なおせっかいだが、

自分が今どこの何を勉強しているか、体系的にわかるよう、

ミルキヅクオリジナルの文章を渡した。

 

そもそも、社会人はゆっくり本を読む時間がない。

だから、せっかく読むのならば、

効果的に、かつ、効率的に学んでほしい。

 

体系的に学習しないと、

点と点が結びついていかない。

 

いずれにせよ、

常に成長をし続けようとする部下の活躍が楽しみだ。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.