読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

「お金持ち」になる基本原則 ~できるだけ多くの人に手を差し伸べる~

ビジネス ビジネス-原理原則

 

世の中、2人しかいないと仮定する。

 

AとBだ。

 

Aが付加価値活動を行った。

お金で換算して1億円。

 

Bも付加価値活動を行った。

お金で換算して100万円。

 

f:id:mirukizukublog:20150817083054j:plain

 

AとBには、付加価値活動の結果、

9900万円の差が開いた。

 

企業で言えば、

「粗利益で9900万円の差がついた」と言い換えてもよい。

 

通貨発行権を有する機関が、

AとBの付加価値創出分の

1億100万円を造幣した。

 

それぞれ、

Aに、1億円

Bに、100万円

渡した。

 

Aは、たくさんお金が入ったので、

何かいいものを買いたいが、

Bが創った100万円の価値のモノしか売っていない。

 

Aは、他人が創出した付加価値を多く買う権利を持っているが、

実際上、それを行使できない。 

 

一方、

Bは、100万円、手にしたが、

Aが提供する付加価値が高すぎて

購入することができない。

 

9900万円分、Aに貢献していないし、

付加価値のギャップを生じさせてしまった。

 

この付加価値のギャップは、

Bが、Aの欲しない余計なモノに時間と力を注いだ結果にある。 

 

この話、

どちらが良い、悪いと言う話ではない。

世の中の現象をシンプルに表したまでだ。

 

自分の役割分担を明確に意識して

自分以外の誰かのために尽くして生きている人は、

それがどんな業種業態(仕事)であれ、

「よい仕事」(付加価値のある仕事)をする。

 

人は、遺伝子的にも、環境的にも、

均一には生まれてこない。

 

得意不得意が必ずある。

 

結局、

Aは、Bがもっと付加価値を出せるよう協力し

Bの付加価値創出力を1億まで上げないと、

経済では、消費行動が起きない

 

つまり、

Aは、付加価値創出力を持っていても、

お金持ちになれないということだ。

 

Aが「お金持ち」になるためにすべきことは、

Bの手助けをすることだ。 

 

しかし、世の中、

このAの手助けを拒否する人も大勢いるし、

Aの事を考えず、好き勝手なモノやサービスを提供する人もいるし、

Aの血みどろの努力で得た1億円をBに分配するのを

当たり前だ主張する人もいる。

 

どちらの考え方も否定はしないが、

 

自分の役割分担を真剣に探し出し

世に貢献する姿勢は、

どんな主義思想の根本においても、大事なことだ。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.