ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

ハゲと、野球と、サッカー。

 

野球選手と

サッカー選手で、

どちらがハゲが多いかと言えば、野球選手だろうか。

 

そもそも、

髪が必要な根本的な理由は、「保護」だ。

 

この観点から考えると、

 

1.強い日光から頭を守るために髪が必要。

サッカーはノーヘルメットで、炎天下で行う。

野球は、ヘルメットや防止で直射日光を保護する。

ナイター中継では、そもそも日光がない。

 

 

2.衝撃からの保護

ヘディングが多いサッカーでは、頭を衝撃から守らないといけない。

つまり、髪の毛のボリュームがアップするよう

脳が発毛指令を出すはずだ。

 

 

3.摩擦による増毛

強い頭への摩擦が圧倒的に多い。

 

毛を抜くほど、毛が生える話を聞いたことがある。

例えば、白髪を抜くと、余計白髪が生えるとか、

意図的に毛を抜いたところから、

毛が何倍も生えたという研究結果がある。

 

激しい摩擦があるほど、

毛は強くなろうとするのではないだろうか。

 

 

4.頭皮マッサージ効果 

サッカーは、野球よりも、頭皮を良く動かす。

つまり、首を左右前後に動かし、四方八方見る。

 

上を向き、目を大きく見開くと、おでこのシワが

収縮し、それが頭皮マッサージとなる。 

 

増毛には、頭皮の柔らかさが大事だ。 

 

 

5.汗による油脂の浄化

サッカー選手の方が一時的に、多くの汗をかく。

 

大量の汗(ゲリラ豪雨的汗)は、

毛根に詰まった油脂を

綺麗に除去するのではないか?

 

以上、サッカー選手にハゲが少ない仮説を

いろいろ上げてみたが、みなさんはどうお考えだろうか。

 

 

こちらは例外だが。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.