ミルキヅクのブログ

見る、気づく!あなたの中の、何のためのを、スッキリさせる、お手伝い

GDP0円社会

 

相殺0円社会では、GDPは増えないのではないか?

 

経済の指標を、GDPで表す。

 

GDPとは、付加価値の事で、

ざっくり言えば、会社でいうところの粗利益だ。

 

例えば、

世の中に二人しかいないとする。

 

Aさんと、

Bさんだ。

 

AはBのために、100万円の付加価値を提供する。

BはAのために、100万円の付加価値でお返しする。

 

この場合、

GDPは200万になるのか、

0円になるのか。

 

ミルキヅクは、0円と捉える。

 

 

現在日本のGDPは500兆円前後で平行線をたどっているが、

むしろ、GDPが0円に近づきながらも、

国民全員が安心した暮らしができているならば、

問題ないのではないか。

 

つまり、

各自の理念を見つけ、その理念のもとに、

自分がもっとも得意とするところで、

世の中に付加価値を提供する。

 

その提供したモノがお互いに相殺し合えば、

結局GDP0円社会が実現する。

 

GDPが増える意味は、

付加価値をつける人と、その価値と相殺できない

人のギャップのことではないのか?

 

つまり、

AはBのために100%の付加価値を提供しているが、

BはAのニーズをBが提供する付加価値で満たしていないということだ。

 

格差とは、

そういうことから生じるのだろうか……

 

そうならば、この格差は、今後も縮まらないだろう。

 

できるだけGDPが0円に近くても、

大多数の国民が平和に暮らせる国造りが

大切だと思う。

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.