読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

「軍事費」を貧困撲滅に使うのが本筋ではないか?

ミルキヅク視点 ミルキヅク視点-世界情勢

 

GDPが増えると、軍事費が増える記事を以前書いた。

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 原始的に考えると、

人は、お金がなくても、武器を作る。

 

例えば、

獲物を得るために(生命の維持)、

弓矢を作る。

 

お金がなくても、

木や石を拾い、ヤスリで磨き、道具を作る。

 

本来

武器は、人を殺すためには作らない。

 

世の中、AとBという2人しかいないと

仮定する。

 

生命維持の観点から見た時、

そして、人には知恵があるという

前提に立つと、

AがBを倒すために武器を作るのはナンセンスだ。

反対も然りだ。

 

AとBは協力して生命維持に必要な

獲物を獲得する知恵を絞ったり、道具を作る。

 

武器を作る(軍事費)とは、

つまり、自分たちが生きて行くために作るのだ。

 

軍事費も同じように考えるべきだ。

 

軍事費の本来の用途は、

人類全体が食べて行けるように使うのが、

理にかなっていると思う。

 

人に想像力が与えられているのは、

それができるからだと思う。

 

そう考えると、現在世界全体のGDPは、2014年データで

7700兆円なので、その1割が軍事費とすると、

770兆円は、人類が生きていくためのお金に使ってよいはずだ。

 

計算し易いよう、貧困層を10億人強とすると、

770兆円÷10億人=77万円/人

 

77万円もあれば、十分食べて行けるのでは……

 

そう思う。

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.