ミルキヅクのブログ

見る、気づく!あなたの中の、何のためのを、スッキリさせる、お手伝い

経営コンサルタントは社長の右腕|効果的な販売手法を教える経営者のためのブレーン

 

経営コンサルタントという職種がある。

 

会社の95%は、社長の判断でその性質が決まる。

 

だから、社長が下手な指示を出すと、全社で泥沼化していく。

 

従業員の努力と汗が、社長の指示ミスで無駄になる。

 

 

社長の指示は、慎重に考慮され、効果的でなければいけない。

 

 

しかし、社長は必ずしも頭がいい人ばかりではない。

 

勢いだけの人もある。

 

だから、経営コンサルタントの助けが必要だ。

 

 

さらに、社長は、短気な人が多い。

 

また、社長の指示は、突発的なものが多い。

 

よく熟考されていない。熟考できる知識もない。情報も集めきれていない。 

 

従業員の汗を無駄にしないために、客観的に物事を把握できる経営コンサルタントは有用だ。

 

 

一方、経営コンサルタントも社長と同じ気持ちで事に当たるのがよい。

 

経営コンサルタントも、社長も一心同体だ。

 

しかし、理論だけ説明する経営コンサルタントも多い。

それでは強く必要とされない。ただのプレゼンテーターになってはいけない。

 

コンサルのコンは、「一緒に」という意味が込められている。英語で言えば、together

 

社長と一緒にやる人がコンサルタント。

 

がんばってほしい。

 

 

 社長の仕事について説明した記事

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念の作り方


理念番号発行

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.