読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

ビジネスは、武士道らしく、「正々堂々」ありたい。

 

ビジネスは、倫理観を持って、正々堂々やると、

多くの味方が現れることを強く感じた事例があったので

ご紹介したい。

 

 

図で説明するとこんな感じだ。

 

f:id:mirukizukublog:20151013112504j:plain

 

A社は、業界トップ

B社は、3番~4番手

 

A社の主要仕入先の注文が減った。

A社が、B社の元主要仕入先からも買うようになったからだ。

 

A社の主要仕入先は売上を回復するために、

B社にアプローチした。

 

A社は、主要仕入先が

B社にアプローチしたことを不満に思い、

B社に絶対供給しないよう求めた。

 

Bに供給するなら、もう発注しないと

主要仕入先に圧力をかけたらしい。

 

A社の主要仕入先は、B社への供給を断念した。

 

B社は、A社の主要仕入先から購入できていれば、

仕入額を大幅に減らすことができたので、

コストダウンのチャンスを失った。

 

このA社の圧力の結果は、その後どうなったか?

 

結局、

この取引を冷静に見ていた、

A社にも、B社にも供給している

C社の社長が、B社を不憫に思い、

A社の主要仕入先よりさらに大きな会社Dにコネがあったため、

そこを紹介したそうだ。

 

これにより、B社は、

A社の主要仕入先から得られたコストダウンより、

さらに多くの仕入額削減と、信頼度アップに

繋がったようだ。

 

一方、A社の信頼は、少し失墜したようだ。

 

 正々堂々が好きな、武士のような社長は、まだまだ多い。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.