読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

自然の摂理を経営に生かす社長~バランス感覚を持った経営者の循環力~

ビジネス ビジネス-企業理念 企業理念 企業理念-王道の経営哲学 王道の経営哲学 王道の経営哲学-自然の摂理

 

これからの社長は、「循環力」をよく認識することだ。

 

経済は、GDPで回っている。

 

ビックデータだろうが、インダストリー4.0だろうが、クラウドだろうが、GDPで回っている。

 

日本で1年間にまわる500兆円、世界で7000兆円がまわるイメージだ。

 

GDPは、1年で倍になることはない。

 

日本レベルで1%前後の変動、世界レベルでも5%ぐらいの変動だ。

 

そんなGDPという血が、世界経済という人体を駆け巡っている。

 

この世は一見、競争社会に見える。

 

しかし、ミクロで見れば、勝ち負けがあるが、GDP視点では変わらない。

 

社会の中で、お金の動きが変わるだけだ。

 

 

 

万物は流転する。経済も流転する。

万物は流転するとヘラクレイトスは言ったが、「変化」と「対立」、そして「調和」を哲学の基礎としている。

 

「変化」が常に発生するから「対立」が生じる。

 

現在の資本主義のように、できる人と、できない人、や、勝ち負けがはっきりする世の中だ。

 

終わりなき戦いで、多くの人が疲弊している。

 

 

一方、調和は、循環力。

できる人も、できない人も安心して暮らしていける世の中。

「僕らはみんな生きている」の尊重哲学が浸透した社会。

 

 ミルキヅクの言う「循環力」はヘラクレイトスの万物は流転するとは意味合いが違うが、全ての人が平和に暮らしていける経済のバランス力のことだ。

 

バランス力は、お金をうまく循環させることで生じる。

 

 

 

バランス感覚を持った社長が強く必要とされる

このバランス力を見失った社長は、従業員からも、世の中からも必要とされなくなるだろう。

 

例えば日本ならば、約500兆円弱のGDP。

 

ここ10年の平均成長は1%弱。500兆が翌年、505兆円になるイメージ。

 

売上が前年対比10%を掲げている社長は、粗利ベースでざっくり5%の上昇目標を掲げている。

 

日本全体で、1%/年しか上昇しないのに、5倍の付加価値活動を行うことを指示したということだ。

 

従業員の成長のために、高い目標を掲げる社長もいるが、分配が伴っていない会社が多い。

 

付加価値活動を5倍行い、増えた粗利益の3割が従業員への分配に回ればよいが、それをする社長は少ないだろう。

 

また、アマゾンのように、全部投資に回して社会貢献するやり方も悪くはないが、多くの場合、儲けた粗利益は社内留保となる。

 

社内留保とは、人体で言えば、血が滞ったという意味だ。

 

 

 

自然界に勝敗はない。弱肉強食VS共存共栄

世の中には、競争したくても、物理的、肉体的、精神的な障害で、できない人もいる。

競争したくない人もいる。

 

国は、いろいろな人の価値観を認めた上で弱者の生活を最低限保障し、GDPが回るように手助けしてあげることが大事だが、経済をうまく循環させるポイントは、社長の哲学にある。

 

自然界には実は、勝ち負けの概念は存在しないと考えている。

 

観察するに、命は他を生かすために使われる。

 

だから、自然がうまく循環する。

 

会社も同じだ。お金の糞詰まり状態を作ってはいけない。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念の作り方


理念番号発行

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.