読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

コリン性蕁麻疹の治療法 〜発汗前の体のかゆみ・チクチクの治し方・完治まで〜

コリン性蕁麻疹の初期症状

2015年9月から、両足の指の付け根に、チクチクするかゆみがあった。

 

次に、手の甲にも、チクチクする違和感がでてきた。

 

これが全身に広がると嫌だと思いながら、過ごしていると、11月には、発汗前に我慢できないほどのチクチクしたかゆみが全身を襲ってきた。

 

 

例えて言えば、「かゆみという黄砂が、体中を駆け巡る感じだ。」

 

暖房が効いたデパートなどは最悪だ。発汗前のかゆさが尋常でないので、居られない。

 

また、熱いモノを食べて、発汗しそうになると、体が痒くなる。

 

さらに、トイレに行きたくなると、お尻あたりが猛烈にかゆくなる。

 

最悪なことに、お風呂も、入ってしばらくすると首から下に、猛烈なかゆみが襲ってくる。

 

コリン性蕁麻疹は、ストレスが原因の一つと言われているにも関わらず、ゆっくりお風呂にすら浸かれない。

 

一種、絶望感を味わう。

 

コリン性蕁麻疹に悩む人は多い。

 

この病は、若年層に発症する割合が多いので、受験生が受験中に痒くなったら試験どころではないだろう。

 

また、サラリーマンなら、大事なプレゼンテーションや会議の時、または、お客様との面談時に猛烈な痒さが襲ってきたら大変なことになる。

 

 

 

皮膚科へ

これは、絶対におかしいと、皮膚科に行くと、案の定、「コリン性蕁麻疹」と診断された。

 

予想通りだった。インターネットで情報を仕入れていたので、予備知識はあった。

 

 

コリン性蕁麻疹と診断される。でも薬は飲みたくない。

自分:「先生、ネットで調べると、温熱蕁麻疹の方が症状が近い気がしますが…」

 

先生:「温熱蕁麻疹も、コリン性蕁麻疹も対して変わらないですよ」

 

自分:「先生、治療法はあるのでしょうか?」

 

先生:「ない」と平然と言う。

 

自分:「な、ないって…。こんなにも痒いのに…。どのくらい治るのにかかりますか?」と聞くと、

 

先生:「うーん、4、5年かかる人もいますし10年ぐらいかかる人も…」

という。

 

ネットで、調べてみると、平均の回復期間が、7年と書いてある。

 

失意と怒りの中、かゆみを抑える薬と塗り薬は処方してもらったが

7年間も、薬を飲み続けたくないので、さっそく、ネットで治療法に繋がる情報を集めた。

 

 

まず、コリン性蕁麻疹といえば、バスパウダーでコリン性蕁麻疹を改善!が非常に研究され尽くされている。 本当に、作成者には、感謝だ。

 

 

その中でも特に素晴らしいのが、こちらだ↓

korin.jp.net

 

 

上記の情報を参考に、以下自分が試した方法をご紹介したい。

 

 

 

すぐにコリン性蕁麻疹を治す対処法~自然治癒は待てない!~

タイトルはコリン性蕁麻疹と書くが、温熱蕁麻疹の方も同じだ。

 

何か生活習慣を変えて発症した場合は、ヒスタミンの増加が推測されるので、それを排出する方法が有効である。

 

ただし、発症原因は個々で様々であるので、医師に従うか、自分の体で実験するかは、すべて自己責任にて実行を判断してほしい。

 

どうやら、バターコーヒーを始めて、コーヒーの量が増えた時期から、徐々にかゆみが増してきたので、まずコーヒーを一時的にやめた。

 

 

 

コリン性蕁麻疹を退治するお風呂の入り方

 

1.お風呂に入る前に、水を飲んでおく。

発汗しやすくするためだ。

 

 

2.温度設定 38度〜43度ぐらいか

人によって最適温度は違う。気持ち良いという温度でよい。

 

但し、汗がでる温度にしてほしい。

 

5分~20分ぐらいあれば、おおよそ発汗するだろう。

 

半身浴でなくてもよい。(ただ、心臓より下の水位の方が体は楽)

 

 

 3.チクチクしてきたら我慢せず、一旦浴槽を出て冷水や低温の水を体にかける。

これで、チクチクがすぐにおさまるはず。

 

チクチクが治ったら、またお風呂に入る。

 

またかゆくなったら、お風呂からでて冷水や低温の水をあびせかける。

 

これを繰り返すと、本格的な発汗モードの少し手前ぐらいになってくる。

 

本格的な発汗モードとは、「大粒の汗が流れ出てくる手前」という意味だ。

 

 

さあ、ここからが最大の峠 

汗がジワリとでる手前になったら、浴槽内で思いきりチクチクのかゆみと戦う時間だ。

 

ネット情報では、「お風呂を控える」と書いてあるものも多いが、夏場に症状が軽いという情報も多いことから推測すると、「汗をかくこと」は、有効であると考えた。

 

 

 

4.チクチクが最高潮になるが、わざと、全身に力を入れて、大粒の発汗を促す

ハッキリに行って、尋常でないぐらい体が痒くなる。

 

どうしても、痒さが我慢できなければ、もう一度浴槽をでて、再チャレンジする。

 

 かゆみは、絶対、こすらない。

 

痒みの黄砂が全身を駆け巡る感じがするだろう。

 

 

 

ある瞬間から、すーっと楽になる。

ある瞬間から、かゆみがおさまってくる。 

 

猛烈なかゆみと戦って1分ぐらいだろうか。

 

 さて、ここまで我慢すれば、後は、天国だ。できるだけ、いっぱい汗をかいて毒素を排出してほしい。

 

一度、峠を乗り越えたら、その日以降は、1日目以上の激しいかゆみは襲ってこないはずだ。

 

 あまりに天国なので、長くお風呂に入って、体の毒を取り除きたくなるが、焦ってはいけない。

 

 

 

5.のぼせる前に、浴槽をでて冷水を浴びる。 そしてまた入る

お風呂に入り過ぎると湯あたりを起こす。体が気持ち良いと感じる温度の水を浴びてクールダウンしてほしい。

 

また、定期的に水を補給するとよい。

 

お水は、できるだけ常温が良い。発汗を促す目的と、脱水症状防止である。

 

お水は、冷たいと確かに気持ちがよいが、内臓を冷やすため、できるだけぬるめの水が良い。

 

ウオーターサーバーが無いところや、水を温めるのが面倒であれば、200ミリのペットボトルを、お風呂に一緒に入れておけばよい。

 

 

 

6.お風呂を出る時に、気持ちの良い温度の水で体をクールダウンする。

初日は要領がつかめず、水を飲み過ぎたり、湯あたりで、熟睡できないかもしれない。

 

変な夢を見るかもしれない。

 

長時間のお風呂は避けた方が良い。最大でも、1時間以内だ。

 

冷水が得意な人は、そのまま滝に打たれるように打たれると気持ちよい。

 

 

 

 7.お風呂後は、適度に保湿する。

保湿をしないと、乾燥による痒みなのか、コリン性蕁麻疹からくる痒みなのかわからなくなる。

また、お湯に入ると、体の油分が無くなるので十分保湿すると良い。 

 

 

 

さて、以上を3日間も続けると日常生活でも、以前のような猛烈な痒みは無くなるだろう。冬場の百貨店の暖房からくる嫌なかゆみも普通に耐えられるぐらいまで治まっているだろう。

 

コリン性蕁麻疹と言っても、いろいろなタイプがあると思うが、自分の場合は、汗を出す方法は有効であった。

  

ネットでは、「汗をできるだけかかないようにする」と書いてあるから、多くの人が、「お風呂で汗を出しまくる」という視点に気づかないし、かゆさの恐怖があるので、発汗の先に見える安堵を想像できないのだ。

 

むしろ、汗をかかないことで、痒み物質が排出されずに、余計に症状が悪化することもあるだろう。

 

例えば、蕁麻疹にもいろいろあるが、「温度の差」自体が原因の蕁麻疹の場合はお風呂は避けた方がいいのかもしれないが、コーヒーや、何か、生活習慣を変えたことで発生した症状に関しては、発汗療法は、有効だと推測している。 

 

 

  

痒みはどうなっていくか。経過観察

自分の経験上、初日の痒さが10とすると、

2日目が5

3日目が3

4日目が2

5日目以降が1ぐらいと言ったところだった。

 

コリン性蕁麻疹の痒みの減り方

 

 

このブログを書いた 2週間後

追記:

6日目以降は、0.1以下に減っている。

少しコーヒーを飲みだしたが、特にかゆみもない。  

 

このブログを書いて2か月後

追記2:

かゆみは無い。元の生活ができている。

コーヒーを増やしたが、少しかゆみが出る時もあるが、まったく問題ない。

  

このブログを書いて半年後

追記3:

コーヒーを一日2杯飲んでも、とくに問題はない。

発汗前の痒さは、ほぼ無くなった。 

  

 このブログを書いて約一年後(2016/8/26日現在)

完治した。

 

 

ちなみに、20才の知り合いもコリン性蕁麻疹と診断され苦しんでいたが、上記治療法がうまく行っているようだ。症状は自分と同じように回復したそうだ。

 

 

 

コリン性蕁麻疹と食事に関して

コリン性蕁麻疹は、ヒスタミンの多いものを控えるように書いてあるが、だからと言って好きなものを食べないのも、ストレスがたまる。

 

一度、お風呂での発汗方法で体を回復させてから、徐々に、ヒスタミンの多いといわれているあなたにとっての好物を食べながら、症状を確認してほしい。

 

ミルキヅクの場合も、日常生活において、いわゆるヒスタミンが多いとされるものを摂取しているが、特に症状はでてこない。

 

 

 

以上、参考になれば、幸いだ。

 

くれぐれも、自己責任でお願いしたい。

 

 

 

 

 

コリン性蕁麻疹に関する考察

  • 冷水を浴びる時は、肛門を締めておくとよい。

 

  • 初日の湯あたりの症状を軽減するために、温度調節機能がある、後頭部に低温の水をあてると良い。また、頸動脈、脇下、股のリンパあたりを冷やしておくのもよい。

 

 

  • かゆみが怖い方は、かゆみ止めを飲んでから、お風呂実験をしてもよいか。

 

  • 手の甲、足の甲などがチクチクしやすいが、おそらく、発汗しずらい部分なため、かゆみの原因物質が滞るのだろう。ただ、そのチクチクは、日常生活では特に問題ない。

 

  • 最近はバターコーヒーなども流行っているので、その飲み過ぎがコリン性蕁麻疹の原因の一つかもしれない。バターコーヒーとコリン性蕁麻疹の相関関係は、そのうちデータとして出るかもしれない。

 

  • まだ、お風呂療法をして、症状が残っていた初期のころは、トマトがたっぷり入ったスープを飲んだ時に、体のかゆみが増えた気がした。

 

  • コーヒーの種類によっても、かゆみの出方が違う気がする。カフェインの量が影響しているかもしれない。現に、カフェインがコリン性の要因と主張する説もある。

 

  • 某コンビニのコーヒーを飲むと、シャワーに入って体が温まった時に肛門あたりが痒くなる。おそらく、カフェインが強いか、かゆみ成分が多く排出される何かが入っているはずだ。また、肛門に汗腺があるかわからないが、もしもないとしたら、かゆみが滞るのだろう。

 

  • 花粉症の時期に、散歩を減らしたら、少しかゆみが増えたように感じた。運動は、かゆみ物資を消費させるか、消失させるか、そして、その分泌を抑えるのだろうか。

 

  • お金に余裕のある人は、回帰水を試してみてもよい。

 

  • 散歩でなれたら、心臓に大きな負担を与えない程度で、5秒~10秒ぐらいダッシュしてもよい。

 

  • 食事をするときは、十分な咀嚼を気を付けてほしい。(一口ごとに、液体になるまで噛む)。飲み物も、できるだけ、噛んで、唾液と混ぜて、体温に近づけてから胃に送り込むと良い。

 

  • アレルギー体質の人は、コリン性蕁麻疹や温熱蕁麻疹になりやすいかもしれない。

 

  • 特定のモノを短期間に食べ続けた時にも発症の可能性が高まるかもしれない。


  • コリン性の治療とは関係ないが、入浴剤でよさそうなモノがあるので紹介

 

Seacrystals エプソムソルト 2.2kg (浴用化粧品)

Seacrystals エプソムソルト  2.2kg (浴用化粧品)

 

 

ラグゼ デッドシーバスソルト

ラグゼ デッドシーバスソルト

汗がよく出るらしい

 

 

きき湯 マグネシウム炭酸湯

きき湯 マグネシウム炭酸湯 気分ほぐれるカボスの香り 柑橘色の湯 360g 透明タイプ 入浴剤 (医薬部外品)

 

マグネシウムが入った入浴剤は体の疲れを取るらしい。

 

 

 

その他の健康に関する関連記事 

 

虫歯についてあれこれ考えたこと

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

口腔内が常に気持ち良い歯磨き方法 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

頚椎の痛みや、首の凝り 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

顔のシワ対策

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.