読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

【社長必須】 儲かる事業の研究 ~収益を拡大する2つの視点~

 

事業をはじめる前に、

どんな事業を行うかで、その後の成果が大きく変わる。

 

「事業戦略」と言われるものだ。

 

まず、

シンプルに、儲かっている会社を研究してみよう。 

 

 

そこで、

AERAに掲載された強い会社の上位5社を分析してみた。

 

 

【「強い会社」総合ランキングトップ100社】の内、上位5社を分析

AERA 16.2.22 no.8 *ニッセイ基礎研究所の井出真吾研究員とアエラ編集部が共同で作成

 

 

  1. シマノ
  2. ヒロセ電機
  3. オリエンタルランド
  4. 富士重工業
  5. ファナック

 

 

これら5社の共通のキーワードは「設計」だ。

 

  

 

どんな「設計」か?

  1. コアパーツの設計
  2. 夢の設計
  3. 一般人には少し難しそうな製品の設計

 

 

1.コアパーツの設計

コアパーツとは、製品の中でも、それがないと、全体が機能しないものだ。

 

下町ロケットでも、佃製作所は、コアパーツを設計し、強い会社になった。

 

例えば、

飛行機は数多くの部品があるが、

どれだけ小さくても、「その部品」がなければ、飛行機自体が

動かないと言われるような、「その部品」に当るものを

あなたの業界に応用して考えてみてほしい。

 

 

 

2.夢の設計

ディズニーランドは、夢を設計している。

 

確かに、アトラクションは、物理的な設計なのだが、

ディズニーランドは、商品でもサービスでもなく、

夢そのものを設計している。

 

ディズニーランドに行けば、確かに商品やサービスの提供はあるだが、

そもそもディズニーランドは、何を設計しているのか各自考えてみてほしい。

 

社長は、多くの人が年中訪れる、

夢のある構想をじっくり練ってほしい。 

 

 

3.一般人には難しそうな製品の設計

数学、化学、物理、電気など、日本人には苦手なジャンルだ。

 

機会用語や、専門用語がたち並ぶと、

それだけで、手を出さない社長は多い。

 

競争相手が少ないということは、

価格競争が激しくないということだ。

 

2016年時点、理系の人材確保が難しい時代になった。

 

一般の社長が毛嫌いするような用語を、

いとも簡単に扱える社員を確保している会社は

今後、営業利益率の高い商材を扱えるチャンスが広がる。

 

 

 

海外の儲かっている会社といえば?

外では、アップル、グーグルが有名だ。 

 

 

 

アップルについて

アップルは、「デジタル製品の三位一体」を設計した。

 

  • itune(アプリを買う場所)
  • ハード(iphoneとかmac)
  • ソフト(アプリ)

 

の仕組みだ。

 

シンプルに書いているが、とても奥深い。

 

ituneという儲け箱があるからこそ、

ハードや、ソフトも生きてくる。

 

社長は、ただ単に、製品やサービスを提供するのではなく、

複合的なビジネスモデルを研究してほしい。

 

ネットで情報がすぐに手に入る。

 

商品、サービスは、すぐに真似されてしまう。

 

まずは、

アップルのビジネスモデルを研究して応用するだけでも、

あなたのビジネスが進化するだろう。

 

 

 

 グーグルについて

グーグルは、「情報の整理」を設計した。

 

最近では、自動運転車に取り組んでいるが、

「情報の整理」という視点から見ればあたり前で、

グーグルは、車を移動手段とは捉えていない。

 

だから、トヨタを競合とも思っていない。 

 

むしろ、

グーグルは、車をコモディティー化

させ、情報の整理で付加価値を付けようとしている。

 

車に情報整理を付与するとはどういうことか?

どんなサービスができるか考えてみてほしい。

 

従来の車メーカーが発想するような、

「車を運転する楽しさ」 ではなく、

車空間にいる楽しさ」 という切り口で、車をデザインしてくるだろう。

 

 

「設計」とは、構想力のことであり、差別化すべき部分だ。

 

知的労働社会では必須の力になってくる。

 

 

 

 

余談で、収益性ランキングもあったので、分析してみた。

 

【収益性トップ50社】の内、上位5社を分析

  1. カカクコム
  2. 日本M&Aセンター
  3. スタートトゥデイ
  4. インフォマート
  5. ミクシィ

 

これら5社のキーワードは「整理」だ。

 

たとえば、

カカクコムは、「今、1番xxなもの」を整理している。

 

今、一番安いもの → 価格.com

今、一番うまいもの → 食べログ

今、一番早いもの (そのうち、やるだろう…)

 

QCDに関連している。

 

日本M&Aセンターは、「事業承継の整理」だ。

スタートトゥデイは、「オシャレに関する川上から川下までの整理」だ。

インフォマートは、「BtoBの受発注の整理」だ。

ミクシィは、「余暇時間の整理」だ

 

 

社長や経営者にとって、事業の目のつけどころは

その後の従業員一同の汗と努力の成果に大きな影響を与える。

 

 

その汗と努力を無駄にしないように、

何に力を入れるべきか、よく熟考してもらいたい。

 

がんばってほしい。  

 

 

 

参考ブログ

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.