ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

無料で簡単に名刺を管理する方法 !sansanやwantedlyなどのアプリを生かすために

ビジネスでは、毎日多くの名刺が交換されている。

 

そして、ほとんどの名刺が、二度と使われることなく廃棄されていく。

 

最近は、sansanのeightwantedlyのように、使いやすい名刺管理ソフトもでてきた。

  

しかし、良く考えてほしいが、そもそも、使われないから廃棄されるわけで、そうであれば、名刺管理ソフトで保管しても同じことだ。

 

名刺管理ソフトに登録する時間すら、もったいない。

 

名刺をストックしておけば、「メール営業」に利用できると考える人もいるが、迷惑メール回避機能は素晴らしい。営業メールは、下手に送ると、二度と届かなくなるか、二度と見ることがないフォルダに自動転送できる時代になった。

 

 

 

簡単な名刺管理方法 

そこで、何千枚という名刺の行く末を見返した結果、現在は、次のような名刺管理を行っている。

  

  1. 貰った名刺は、ひとまず名刺を入れる一時ボックスに保管。

  2. 絶対忘れてはいけない方の名刺だけ、写メで保管する。

  3. 名刺の一時ボックスがある程度一杯になった時に整理を始める。

  4. すでに記憶にない名刺、記憶にあるが将来も接点がなさそうな名刺は、輪ゴムで縛って、いつでも廃棄できる一時保管場所に時系列で入れておく。

  5. ひょっとしたら使うかもしれない人も、上記一時保管でよい。

  6. 会う可能性が高い方は、名刺入れに残しておく。

  7. ビジネスに関係なく、気になる人は名刺管理ソフトに入れておく。

 

例えば、1年で500枚の名刺がたまるとする。

 

おそらく、95%は廃棄だ。500x95%=475

 

残りは25枚であるが、この内、その後のビジネスでも繋がるのは、2割ぐらいだろう。したがって、5枚だ。

 

つまり、管理すべき名刺は、全名刺の1割だけだ。

 

 *名刺管理フォルダは、なんでも良い。段ボール箱でも、クリアファイルでも、一時保管場所を決めて、どんどん蓄積すればよい。時系列で並べると記憶をたどりやすいだろう。

 

 

 

 

 

キーマンとの接点は情熱で繋がる

そもそも、燃えるような情熱があれば、会いたい人には誰でも会える。

 

情熱1つだ。

 

名刺管理に時間を取られ、本来すべき仕事に集中できるように、名刺管理はシンプルがベストだ。

 

さらにいえば、何かを実現したいという、「燃えるような情熱」があれば、いわば、全世界の名刺をすでに手にしている状態と同じだ。

 

 

どんな人でも会ってもらえる人間性を高めるためのツールが理念実現書だ。

 

こちらも有効活用してもらいたい。

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 


  

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.