読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

アマゾンの「ほしい物リスト」は便利だが「送りたい物リスト」を整理したい

 

アマゾンには、「ほしい物リスト」があるが、2016年6月9日現在では、「送りたい物リスト」が見当たらない。(すでにあるだろうか?)

 

*追記 「ほしい物リスト」のタイトルを変えて、管理することができる。

 

 

「ほしいものリスト」がそれを代用していると考えられるが、機能が不十分だ。

 

 

日々生活をしていると、「あ、この商品、あの人にプレゼントしたい」と思うことがある。

 

また、ビジネスでも、お客様へのプレゼントとして、事前に喜ばれるものを準備しておきたい。

 

 

そこで、アマゾンでそれを整理できる機能があるとよい。

 

 

アマゾンで出展している商品だけでなく、世の中のありとあらゆる商品サービスを「送りたい物リスト」として、整理できる機能があると良い。

 

*追記 「何でもほしいものリスト」というのがあった。

 

 

アマゾンでの「買い物のしやすさ」は、優れている。いちいち、個々のページで、情報登録するのが面倒と考えている人も多いはずだ。

 

人は、基本、面倒くさがり。だから、オールインワン的な機能が喜ばれる。

 

 

下記のイメージのように、「相手情報」「送りたい日」「商品」が一覧で見え、かつ、配送予定日に近づいたらお知らせしてくれる仕組みがあると良い。

 

f:id:mirukizukublog:20160609132414j:plain

 

これは、アマゾン側から見ても、顧客がどんな製品をプレゼントしたがっているのか、事前に把握できるということだ。

 

それを、アマゾンの出展社に情報提供することで、相乗効果のある販促に繋がるはずだ。

 

また、アマゾンを使っていない会社に対しても、「御社の商品をアマゾンから買いたい人がこんなにもいますよ」という情報提供をし、アマゾンへの出店を促すことにも繋がる。

 

まだ売れてないが、「御社の商品は、xx人が買おうとしてます」という事前情報は貴重だ。

 

 

 

プレゼントの送り合いは、コミュニケーションだ。

 

お中元、お歳暮のように、人間関係を円滑にして、かつ、経済を回す仕掛けがたくさんある。

 

人間関係が希薄化している昨今だからこそ、モノを送り合う文化はさらに深めていけると良い。

 

せめて、「ほしい物リスト」に固執するなら、自分用なのか、他人用なのか仕分けできる機能があると良い。

 

ちなみに、アマゾンで、ほしい物リストを公開していると、サプライズで送る事ができるが、「欲しさの度合い」がわからない。

 

「欲しい」という感情の中にも、

 

  • 自分で買いたいのか
  • 誰かにプレゼントされたいのか
  • なんとなく欲しいのか
  • ただ情報として登録したのか

 

いろいろある。

 

そんな感情が入り混じった「ほしいモノ」に対して一方的にサプライズすると、失敗する可能性が高い。

 

進化した「ほしい物リスト」、または、「送りたい物リスト」の増設を待ちたい。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.