読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

婚活やコンパに頼らない!幸せな結婚生活に成功している人の考え方

ライフハック ライフハック-婚活

 

34歳を超えると、その後、結婚する確率は1%未満らしい。

  

自分の理想とするパートナーを見つけるために、若い時から、相手に求める事を、列挙して頭を整理することは良いことだ。

  

しかし、リストアップだけで終わっている人が大半である。

 

一つの大事な視点が抜けている。

 

それは、「では、そういった理想のパートナーと結婚するために、自分がどうあるべきか」のリストアップとその実行だ。

 

理想相手をリストアップせず、頭が整理されていない状態で、コンパや婚活をしても、最終決断ができないだろう。

 

きっと、「本当にこの人でいいのだろうか?」というセンチメンタルな感情に襲われるだろう。

 

自分がどうあるべきか(自分磨き)は、料理ができるとか、おしゃれとか、美の追求とかではなく、むしろ、考え方の改善のことである。

 

しかし、考え方の改善と言っても、性格的なことなので、変わることは、まずない。変わった人を見たこともない。

 

本人に自覚症状がない場合もある。あっても、プライドが邪魔をして、考え方を変えることができない人も多い。

 

一種絶望的ともいえる。

 

そして、いつまでもロマンティックな出会いを求めている。

 

しかし、ロマンティックな出会いは、確率的にかなり低い。

 

本当に相性の良い人は、100万人に3人らしいが、毎日3人とお見合いし続けて、333,333日かかる。913年だ。ありえない。

 

 

 

そこで、性格的要素に関係なく、変えられる考え方がある。

 

それは、結婚生活は、「好き」→「結婚」→「幻滅」というお決まりのパターンではなく、喜怒哀楽のシェークスピア劇場の中で、理想に向かって作り上げていく作業だという考え方に切り替えることだ。

 

つまり、「好きから始まることに、こだわらなくてもよい」ということだ。

 

100万人の3人を見つけるのではなく、残り、99万9997人の誰とでも、幸せな結婚生活を築き上げていくと言う覚悟で生きるということだ。

 

その覚悟ないし、強く握りしめているモノを手放した瞬間から、「いい感じ」になる。ガツガツしないから、魅力的に見え始める。

 

多くのプライド高き人は、自分の理想相手以外を「拒否る」が、反対の行動をとると、運気が逆転することに気がついていない。 

 

 

ある人は、結婚を修業の場という。

一番、相性の悪い人と出会った時に、お互いを磨くために、いっしょになるんだという話をする。

 

半分、本当で、半分、ウソだ。

 

結婚だけでなく、仕事でもそうだが、好きな人でも、嫌いな人でも、その人の存在そのものを崇拝しながら作り上げていく過程に、人生をエンジョイする秘訣があるのだと思う。

 

好きか、嫌いという感情は、自分の心が作り出す、相対的な感情であり、あまり、頼りにならない、マヤカシの感情だ。そんな感情に影響されて、自らチャンスを制限してしまうのは、あまりに、もったいないと言える。

 

がんばってほしい。

 

 



Bride

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.