読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

理想の選挙制度とは?~ソーシャルネットワーク(SNS)と人工知能の活用~

ミルキヅク視点 ミルキヅク視点-民主主義的選挙制度

 

国民の意思と、政治家の決定事項には、昔からギャップがある。

 

政策に民意が反映されていないことが多い。 

 

多種多様な人がいる中で、最低限の生活を保障しつつ、かつ、多数派も少数派もバランスよく生活できる制度が理想だ。

 

  

現代のように、ソーシャルネットワークや人工知能が発達すると、有権者の要望を一瞬で整理し、重みづけし、見える化できるようになる。

 

そうなれば、立候補者は、そのデータを元に、将来の日本を考えた公約を作る事ができる。

 

その公約は、民意が元になっているので、大きなギャップは生じない。

 

そうなれば、選挙に対する有権者の関心度も高まり、投票率も増えるだろう。

 

今は、選挙に無関心な人が多いため、受動的に投票が行われている。

 

友達から協力を依頼されたとか、よくわからないけど、とりあえず○○党に投票するとか。中には、面白半分で投票をする人もいる。

 

公約があっても、読む人も少ない。

 

選挙は、バカにされ、機能していない。

 

 

しかし、現在は(2016年7月)少なくとも、国会議員は、全有権者投票で選出できる環境が整ってきた。 

 

公平に立候補者のマニフェストが見える化され、国民参加型の仕組みができれば、民意を反映した民主主義らしくなる。

 

1票の格差も無くなるだろう。

 

国会議員とは、出身地の利益にとらわれることなく、全国民の未来を考えられる人がやるべき仕事である。

 

だから、比例制や地方ごとに区切る必要もなくなる。

 

国会議員は、党や派閥を乗り越えた哲学を持っていなければいけない。

  

党や派閥という概念は、純粋に「国民の幸福」を実現しようと考えている高尚な政治家の足かせとなる。

 

また、実際にそうやって民意を反映して選ばれたとしても、官僚との柵で実現できないことも多いと思うが、少なくとも、国民全体の幸福を良く熟考し、勉強している人が公平に選ばれるべきである。

 

官僚の利害関係もうまく調整できるバランス感覚も重要だ。

  

今は、SNSと言っても、何のことかわかっていない政治家も多い。

 

まだまだ実現は先になりそうだ。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.