読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

価値観に捉われない柔軟な生き方|絶対正義を信じる盲目人が無知な表裏一体の世界

ミルキヅク視点 ミルキヅク視点-価値観

 

「かっこいい」という、「かっこ悪さ」があり、

「かっこ悪い」という、「かっこよさ」がある。

 

 

「頭がいい」のに、要領が悪かったり、

「要領が悪い」のに、「かしこい人」もいる。

 

 

「面白い」のに、なんだか、「つまらなく」感じたり、

「つまらない」のに、どこか面白かったりすることもある。

 

 

「バカ」と言われ続けた「天才」もいれば、

「天才」に見える、「バカ」もいる。

 

 

「生意気」は、「可愛さ」でもあり、

「可愛さ」は、「生意気」にも見える。

 

 

「謙遜しすぎる」という「無礼」があり、

あえて、「無礼」を装う謙遜流儀もある。

 

 

価値観は、相対的だ。

 

価値観は、見ている方向から変わる。

 

価値観は、立ち位置からも変わる。

 

価値観は、十面相のように姿かたちを変える。

 

心を柔軟にして物事を見ることは大事だ。

 

一方的な価値の押し付けは、衝突に繋がる。

 

強く信じることを、「信念」と言ったりするが、時として、独りよがりな信念は、和を破壊する。

 

我々は、いつのまにか、常識を身に着け、固定観念にとらわれていく。

 

「常識」という「非常識」があり、

「非常識」という「常識」がある。

 

常識も、時代で変わる。

 

「物事は、こうでなければいけない」という強い思考に捉われると、今のように価値観が多様化し、すぐ変わってしまう時代では、あまりにも息苦しいはずだ。

 

自分とは反対にある価値観を、別の角度から見る練習をしてみよう。

 

そこに面白さがある。

 

あなたを柔軟発想人に変えていくだろう。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成


理念番号発行

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.