読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

着る服に悩まない!ファッションにあなたの哲学を込める

かっこいい服、かわいい服をきてモテたい?

特に若い時は、「かっこいい」、「かわいい」服を着たいものだ。

 

微々たる月給のほとんどを、服につぎ込む人もいる。

 

「ファッション」は、「モテたい」願望が購買の動機だったりする。

 

自己満足や美的意識で、ファッションにのめり込む人もいる。

 

 

 

ファッションに哲学を込める

ファッションには、あなたに哲学さえあればなんでも良い。

 

テリー伊藤も言うように、「着たもん勝ち」だ。

 

アップルのスティーブジョブズや、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグのように、同じ服しか着ない人もいる。

 

その哲学は、余計な判断に時間と労力を取られないようにするためだ。

 

立派な哲学だ。

 

「Tシャツ一枚にジーパン」は、オシャレとは言えないが、その生き様がオシャレだ。

 

ファッションを越えた、かっこよさがある。

 

 

 

黒いスーツしか着ないこだわり派

友達で、黒のスーツしか着ないこだわり派もいた。

 

理由を聞いていないので、わからないが、彼なりの哲学があるのだろう。

 

どんなに暑い夏でも、黒を着る。汗をかいても守りたい大事な想いがあるのだろう。

 

 

 

クールビズでも、ネクタイをする律儀なビジネスマン

昨今、クールビズが主流になっているが、お客様と会う時は、必ず背広とネクタイを着るという人もいる。「お客様に対する礼儀」と、「自分に対する引締め」だそうだ。

  

いまだに、白い長袖ワイシャツしか着ない人もいる。徹底したこだわりがある。

 

「みんながそうするから自分もする」では、到底ファッションとは言えない。

 

迎合だ。それでは、着ている服が可哀想だ。

 

 

 

ミルキヅクのファッションに対する哲学は?

ミルキヅクのファッションに対する考えは、「気遣い」と「モノを大切に使う」という視点だ。

 

例えば、できるだけ妻がアイロンをかけなくてもよい服を着たり、できるだけシワになりにくいものを選ぶ。

 

人に選らんでもらった服は、できるだけ優先して大切に着る。

 

また、そもそも、自分のために買う時は、購入する前に、ボロボロになるまで着る自信がなければ、買わない。

 

昔は、服に対してだいぶん失礼なことをしたと思う。

 

タンスに眠っている服が可哀想だ。どんな服でも、魂を込めて作られている。そんな気持ちが心に染みてくる歳になった。

 

ファッションは、人の意見に惑わされることなく、自分の哲学を込めればよい。

 

人からどうこう言われる筋合いのものではない。

 

自分の哲学を持った時、ファッションは面白くなる。 

 

ファッションは、あなたの哲学だ。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.