ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

【会社の存在意義と働く目的】企業は何のためにあるのか?何のために働くのか?

会社は何のために存在するのか?という議論がされる。この質問が出る時は、企業が不正をした時だ。不正義、非道徳、反社会的行為をした時に問われる。

 

例えば、産地を装って、食品を販売する食品偽装。建築基準に満たない設計で偽装した耐震偽装。はたまた、財務諸表を作り変える会計偽装などがあった。企業は偽装に満ちている。隠し事は世に蔓延している。企業は売るために必死だ。そして盲目になっている。 

 

その偽装行為の言い訳で多いのが、以下のようなものだ。

  • 会社の利益のため
  • 会社の存続のため
  • 従業員に給与を払っていくため

 

もっともらしい。しかし、言い訳になっていない。そういったニュースが日々報道されると、「だから利益は悪だ」とか、「会社って本当に必要なの?」と言われる。企業=悪者と見立てられる。はたして、企業の存在価値とは?

 

 

 

企業は1人の人間からスタートする

企業の始まりは一人からだ。一生懸命お客のニーズに合わせて働くと、お客が増えていく。お客が増えると一人では手が回らなくなる。そこで、人を雇う。人の給与を払いながら、企業が大きくなっていく。

 

人を雇い始め給与の支払義務が発生した瞬間から、創業者は企業の目的を意識せざるを得なくなる。

 

 

 

企業の存在目的・存在価値とは? 

会社の存在理由を6つの視点から述べたい。

 

1.企業は利益追求のために存在する?

企業の目的で、典型的な回答が、「利益追求」だ。会社は稼ぐためにあるのだと主張される。特に株式会社ならば、利益追求が当たり前だと言われる。一見正しそうに見えるが、結果論にすぎない。

 

稼ぐこと自体が目的だと、反社会的行為に走りやすくなる。そもそも「利益とは何か?」の議論を深めなければ不正を犯す。

 

 

『利益』の哲学 

利益とはを自問自答し、お金の本質を考えてみよう

お金儲けと環境破壊~自然の摂理に立ち返った経営を~

 

 

 

 

利益とは、付加価値活動の差にすぎない。多いほど良いというわけでもない。人間生活における本質を理解しなければ、利益第一主義に走るだろう。

 

なぜ、企業に利益が残るか考えた事があるだろうか?利益を得るためには、購買力がなければいけない。購買力の大元は誰が握っているか?「利益」を単純に捉えてはいけない。利益は正義に見えるが怪しい概念でもある。

 

よく熟考されたい。

 

利益とは?

売上最大と経費最小の素朴な疑問~『経営の神稲盛氏の格言』

  

 資本主義とは

資本主義とは、利益0円の闘い

 

  

 利益は正義か悪か?

会社の「利益」は正義か悪か?

 

 

 

 

等価交換のズレが「利益」

ミルキヅクは、付加価値行為の差を利益と捉えている。

 

つまり、企業すらなかった時代、ぶつぶつ交換の原則は、等価交換だった。この等価交換のズレが利益という見解だ。人間が生来、固有なように、付加価値活動も差がでる。その差が、利益である。

 

ただし、条件がある。この利益を見える化するには、「貨幣」というルーツがいる。購買されて初めて利益が得られるが、世の中の購買力は、ほぼ決まっている。日本では、GDPの500兆前後(2016年8月時点)がそれに該当する。

 

したがって、利益は「付加価値創出活動の偏り」ともいえる。社会がうまく回ればよいという条件、かつ、利益を純利益と捉えるならば、利益0円でも社会が円滑に回っていれば問題ないことになる。

 

そう考えると、企業は利益(純利益)を目的とせずとも循環社会は形成できるはずだ。むしろ、利益(純利益)を限りなく0円に近づけながらも存続できる会社、言い方を変えれば、強く人から必要とされる存在になることが、企業の目的だとも言えよう。 

 

 

会社の利益の本質的な意味

 

 

  

 

2.企業は株主のために存在する?

会社は株主のために存在するという意見もある。一見正しいように見えるが、これも結果論だ。企業は株主のためには働かない。資金提供は受けても、株主のためではない。株主としても、原則は、企業の理念を応援するために投資するのだ。アイデアや理念や理想にお金が集まるのも、そういうことだ。

 

現に、クラウドファンディングでのお金の集まり方を見ても、株主のためではないことがわかる。結果、儲かれば、株主に還元されるだけだ。

 

株主視点で経営を行うと、偽装に走りやすくなる。

 

 

本質的にはお金はお金を生まない

お金がお金を生む、なんてウソ!真の億万長者の王道投資術

 

 

 

 

 

 

3.企業は取引先との共栄のために存在する?

企業の目的は、取引先との共栄というのもある。しかし、これも、企業の目的ではない。この本質的な議論は、結局、誰かがニーズのあるすばらしい商材を開発しても、それを買う力が消費者になければ、社会は回らないということである。

 

同様にモノを作りたくても、購買力がなければ、仕入れできないということだ。

 

この両方のギャップをできるだけ埋めて、社会がバランスよく成長していくために、お互い協力する必要があるのだ。「取引先との共栄」は、そのことを言っているに過ぎない。これは、企業の目的ではなく、考え方の話しだ。

 

 購買力について考えた記事

購買力を最終的に握っているのはどこか?

購買力をコントロールできる機関が最強説~ビジネス経済で一番強いのは~

 

 

相手の購買力を増やしてあげること 

億万長者の王道哲学!

 

 

 

購買力のパラドックス

国が借金をしなければいけない本当の理由

 

 

 

 

 

4.企業は従業員一同の幸せのために存在する?

企業の目的は、従業員一同の幸せというのもある。これも結果論だ。そもそも、幸せの定義は人によって相対的だ。だから、社長・経営者の幸せの定義を明確に決めておかないと、従業員一同の幸せって何ですか?と言われた時に、答えられないだろう。

 

そもそも、幸せとは、主体的に感じるものだ。良くある幸せの定義が、稲盛和夫氏の哲学の一つの、「物心の豊かさ」だ。各自が「幸せ」について、自問自答を深めてほしい。

 

ミルキヅクの幸せの定義 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

さて、会社は1人の人間から始まる。一人の顧客にお役立ちするために頑張っていると、徐々に顧客が増えていく。そのうち、猫の手も借りたいほど忙しくなる。そうすると、人を雇わないと、お客様に迷惑がかかることになる。

 

多くの一人親方は、利益を分配するのが嫌だと、従業員を雇わない。そういった流れから考えると、企業が生まれる原点は、顧客貢献だ。結果として、従業員が増えて、個人経営が企業になっていく。

 

いつしか、企業の目的が、顧客貢献から、従業員の給与の維持に変わると、不正が起きやすくなる。多くの経営者が抱えるジレンマだ。

 

 

 

 

5.企業は顧客の創造のために存在する?

ピーター・ドラッカーは、企業の目的の一つとして、「顧客の創造」create a customerと断言した。奥が深い。なぜ、customersではなく、単数形のa customerにしたか?おそらく、この世を、AとBの2人しかいなかったらという視点で捉えているからだろう。

 

ドラッカーは、一人の人間の尊重を原点して社会を捉えている。直接お話して聞く機会がなかったのが残念だが、そうだと推測している。

 

 

 この世は役割分担の果し合い

ビジネスの本質は弱肉強食ではなく共存共栄社会

 

 

 

 

 

6.企業の目的は社会貢献

企業の目的は社会貢献だ。世のため、人のためだ。その通りだと思う。特に異論はない。この世は役割分担の果し合い。得意な所を徹底的に磨き上げて、お互いに役立っていくのが理想だ。

 

 会社は一人の理念からスタートする。その理念を作成するツールをご紹介するので参考にしてほしい。

 あなたの理念を深めるツール理念実現書

mirukizuku.hatenablog.jp

 


 

 

 

 

企業の目的の究極の問いは、「私は何のために生きるか?」

以上、企業の目的について説明した。企業は一人の人間からスタートする。また、企業は、連合体に見えて、実は、一人の人間が集まって構成されている。そこには、一人一人の血があり、想いがある。会社は何のためにあるか?の本質論は、「私は何のために生きているのか?」と同じ意味だ。

 

企業は、各自の理念を実現する受け皿にすぎない。会社は、社長の理念が直接反映される。どんなに大企業でも、社長の想いが90%影響を与える。むしろ、社長の想いが込められていない企業はただの箱にすぎない。

 

「生きる目的」も、様々な議論があるが、ここでは割愛したい。蛇足だが、各自の「生きる目的」を腹に落とし込むツールが、ミルキヅクが提供する理念実現書だ。参考にしていただけば幸いである。  


 

 

ミルキヅクの理念に関する参考記事 

理念会社ミルキヅク設立の誓い

 

 

ミルキヅクの想い

 

 

 

 

 

生き方の哲学に関する記事 

お金と理念どちらが大事か?

パンが先か、生き方が先か

 

 

 

 

人は何のために生きているのかの問いに逃げない

「人は何のために生きているのか?」の簡単な回答

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.