読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

お金儲けと環境破壊~自然の摂理に立ち返った経営を~

ミルキヅク視点 ミルキヅク視点-お金と環境破壊

「お金」は世の中の半分を解決すると経営の先生に教わった。

 

たしかに、生活事や解決事の最後は「お金」が基準になっている。それしか手段がないからだ。

 

資本主義はお金で回っているので、お金は大事なツールであることに間違いはない。

 

 

 

 お金儲けと倫理観

一方で、「金儲け」という概念に高い倫理観が備わっていないと、人間社会自体が崩壊に向かう。

 

人為的な環境破壊は、いわば、「お金儲け」が優先された結果生じたと言ってもよいだろう。

 

 

 

 

 社会構造をシンプルに捉えお金儲けの意味を考える

「お金儲け」の意味を考える時に役立つのが、世の中をシンプルな構造で考えてみることだ。

 

 

世の中に二人しかいないと仮定する。

 

AさんとBさん

 

Aさんがお金持ちになるには、Bに購買力がなければいけない

 

Aさんはどれだけスキルがあっても、お金持ちになれない。

 

この当たり前すぎるシンプルな事実を理解している人は少ない。

 

すでに、多くの人が「お金病」になっているからだ。

 

「お金持ち」とは、本人のスキルやビジネスセンスではなく、購買者の購買力によるということだ。

 

多くの人が「お金」に対して誤解しているのがそのことだ。

 

 

 

 

どんな判断が環境破壊に繋がっている?

世の中がAとBしかいない場合、どう考えたら環境破壊に繋がるのか?

 

AがBに売るために、たくさん資源をむさぼることだ。

 

しかし、Aが資源を独占しても、Bに売れなければ、ただ環境が破壊されただけになる。

 

Bに、そもそも購買力がないとしたら、取った資源は無駄になり、ただ自然が破壊されただけになる。

 

 

ここで大事なのは、AはBのために尽くし、BもAのために尽くすという視点だ。

 

Aにはそれが欠けていた。だから、売る事だけを考えて、Bの購買力の事を考えなかった。

 

Aは、本来Bの購買力を増やすために尽力しなければいけなかった。

 

 人間なので能力に差があるのは当然だ。それを認めた上で、自分の力を最大限、世のため人のために尽くす。これが自然法則に従った原理原則の考え方だ。

 

AとBはまさしく家族の関係。

 

Aが親で、Bが子供ならば、親は子供の能力を引き延ばす教育をするのが当然だ。

それは言い換えれば、AがBの購買力を増やしたということだ。

 

「購買力」とは、世のために人のために役に立つスキルや付加価値創出力のことだ。

 

多くの親が家族を大事にする。子供には良いモノを着させたいし、食べさせたい。自らを犠牲にしても子供に尽くすのが本能でもある。家族から「利益」はむさぼり取らない。

 

これが本質だ。

 

 

 

 

金儲け情報に侵された世の中

世の中は「金儲け情報」で溢れている。広告が蔓延している。情報は自社に優位に脚色され無知な顧客を翻弄している。

 

 貨幣社会であり、人類の多くが労働者である以上、給与が生活の基盤となるから企業が売っていくことは大事だ。

 

しかし、売れればよいという話しではない。

 

原点には、家族主義に基づいた高い倫理観が必要だ。

 

人類皆兄弟というのは言いえて妙だ。

 

経営者や国のリーダーには特に高い倫理観が求められる。

 

人類皆兄弟ならば、家族が破滅に進む判断はその時々においてしないはずだ。

 

税前利益がどうだとか、経常利益がどうだとか、そういった数字への固執は、ある意味環境問題を引き起こしうる。

 

利益率などは、世に回るお金の偏りでしかない。

頑張って付加価値を出したところにお金は集まっていくのが必然だ。

 

しかし、その話と「僕らはみんな生きている」という厳粛な事実とは別の話しだ。

 

 

 

 

世界中が1つの会社に買収される意味は?

ある会社が全世界の会社を買収して、世の中が1つの会社になった仮定する。

その会社には倒産という概念は無くなる。ある意味、企業として利益追求しなくてよくなる。

 

利益追求の必要がなくても働く必要がある。

 

人は、「お腹がすく」からだ。

 

全世界が、1つの会社に買収されれば「金儲け」の妄想から目覚め、結局、「役割分担」と「世のため人のために全力を出し切る」という態度が本質だと気づくだろう。

 

ここにおいて、「国」や「会社」に養ってもらえば良いという概念も通用しない。

 

なぜなら、それらは人が集まってできた箱にすぎないからだ。

 

箱は、人に対して何もできない。

 

唯一、「AがBのために、BがAのために」という行為に本質が詰まっている。

 

 

 

無償の連鎖を繋げよう

複雑な現象は、シンプルな構造で考えると良い。

 

世の中が2人だったとしたら、結局、「無償の連鎖」を繋げることが大切だ。

無償の連鎖とは、つまり、AがBに無償で尽くすことであり、BがAに無償で尽くすことだ。

 

この連鎖を70億、全人口分繋げていけばよいのだ。

 

各個人としては、たった1人、一人で良いので、今日から無償で尽くす生活をしてみてほしい。

 

この小さな積み重ねで、世の中が少しずつ変わるはずだ。

 

それがつまりはGDPが0円でも全人類が平和に生活できるコンセプトになる基本だと考えている。

 

 無償の連鎖

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

また、「お金はお金を生まない」ことを主張したこちらの記事も参考にして、「お金」という概念を深堀して、あなたなりのブレない軸を形成してほしい。

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.