ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

手帳の新しい形~社長用、営業マン用、学生用、一般用

手帳シーズンになってきた。本屋に行くと、様々な手帳が並んでいる。サンプルをペラペラとめくると、どれも似ている。細かい工夫はあるが、大きな視点は同じだ。

 

スマホが普及するほど、手帳の役割は無くなるように見えるが、今でも売れ続けている。今は、スケジュール管理と併用して、自分の感情を書いて、心を整理するツールとして使用している人が多いように見受けられる。瞑想的手帳とでも呼ぼうか。

 

ミルキヅクは、かなり多くの手帳を見たが、市販されている手帳の購入意欲は湧かない。なぜなら、その機能がまさしく「手帳」であるからだ。手帳は、スケジュール管理がメインで作り込まれている。だから。一番初めの方に日付が入っていった型式になっている。

 

今は、自分を含め多くの人がスマホでスケジュール管理をしている。であれば、手帳に日付は必要ない。あっても、一番後のページで良いはずだ。仮に、新しい手帳の使い方が『自分の心を整理するため』ならば、その整理するための道筋が1ページ目から書いていなければいけない。が、そういった手帳は見つからないのだ。あっても、定番ものの手帳の中に埋まっているのかもしれない。

 

ミルキヅクは独自の手帳を創作している。

 

まず、今の手帳の固定観念についてリストアップしてみる。

  • 日付がノートの最初にある
  • メモ欄
  • スケジュール管理
  • to doリスト
  • 手帳は持ち歩くもの
  • 手帳はカバンに入れるもの
  • 手帳はリフィルできるもの
  • 手帳カバーは多種多様
  • 定番サイズで作っている
  • リンク式
  • 紙の質にこだわったもの
  • 180度開きやすいもの
  • 9月ごろから来年度版が出始める

 

多くの手帳が似たように感じるのも、上記で構成されているからだ。しかし、その構成では買う気にならない。スマホですべて用が足りるからだ。

 

手帳選びのポイントは機能性とデザイン性がメインだろう。どちらも、完全に個別にカスタマイズされた手帳を探すのは難しい。ミルキヅクには「手帳ビジネス」の盲点がたくさん見えている。

 

今年から来年にかけて企画し、まずはオリジナルの手帳を作成する予定だ。全部で4種類ぐらいのターゲット層で考えている。

 

社長用、営業マン用、学生用、一般用だ。

 

「社長用」に関しては、構想力、戦略、戦術など、ビジネスで成功する要素を凝縮した手帳になっている。

 

「営業マン用」では、やるべきことの発見と、その実行により、最小の力で最大の成果を上げる手帳になっている。

 

「学生用」では、将来の不安を拭い去り、明るい未来に向かって今を踏み出すための手帳となっている。

 

「一般用」は、理念実現書をカスタマイズしていく。

 

完成したら随時アップしていきたい。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書を作成するやり方


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.