ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

もしも脳神経ネットワークを肉体美で表現したら?

テレビで、神輿を担ぐプロ集団の人の肩を見た。大きなコブがある。硬いモノもあれば、柔らかいものもある。

 

通常ありえないほどのコブなので、一見すると、「ギョッ」と驚く。しかし、勲章である。

 

主に家事を行う人の手は、あかぎれが多い。液体に触れると、「キュッ」と染みる。何かのきっかけで、パクッと切れたりする。本人はつらいが、これも仕事の勲章だ。手がごっつくなり、熱にも強くなる。素手で鍋を持てるようになったりする。

 

体は鍛えるほど、刺激を与えるほど、環境に合わせて変化する。

 

体の変化は目で見て分かりやすい。たとえば、ボディービルディングでスリムストロングになると、すぐにわかる。

 

 

 

脳神経細胞の可視化

一方、頭脳を主に使う人は、何が変化しているか、外からはわかりにくい。

 

一番わかりやすいのは、テストの点数だろうか。偏差値が10も上がれば、何らか、脳を刺激(勉強)したことがわかる。

 

しかし、脳自体は見えないし、どんな変化が起きているか捉えられない。脳内チップを入れて、シナプスの変化をセンサーで見える化できると面白い。

 

だとしても、「神経ネットワークの変化自体」が、何を意味するか捉えずらい。たとえば、神経ネットワークが太く、濃くなったら、頭が良くなったに違いないが、どのように良くなったのかが不明だ。

 

その点、体の変化はわかりやすい。腹筋を鍛えれば、シックスパックができる。これが、テンパックになることはまずない。

 

 

 

どんな神経細胞の構造がカッコいいと思われるか? 

とあるきっかけで、『攻殻機動隊』という、普段ならまず読まないマンガを読んでいるが、とても面白い。そこは、人間とコンピューターが融合されて描かれているが、そんなマンガの世界では、脳神経のネットワークが可視化できるかもしれない。

 

ローマ時代の石像に見られるような肉体美でも、現代の細マッチョでも良いが、脳神経にも、カッコいい神経ネットワークが存在するのだろうか?

 

ところで、世界一の天才の脳神経を肉体美で表現すると、どんな感じだろう。

 

おそらくだが、人がカッコいいと思う脳神経細胞の形は、宇宙に存在する星の散在図と連動していると推測している。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書を作成するやり方


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2018 ミルキヅク All Rights Reserved.