ミルキヅクのブログ

見る、気づく!あなたの中の、何のためのを、スッキリさせる、お手伝い

嫉妬しない方法など無い!人の妬みとうまく付き合う考え方

嫉妬は誰でも持っている感情だ。

 

独占欲の裏返しでもある。

 

無いモノねだりだ。

 

プライドがあると、嫉妬がバレないような素振りを見せる。

 

「持っている人」は、ねたまれないように気をつける。

 

嫉妬しない方法は、人間を止めることだ。

 

が、そんなことはできない。

 

昔から、嫉妬という感情は無くならない。

 

シェークスピアの小説でも、嫉妬という感情が絶妙に表現されている。

 

それほど、嫉妬は人間とは切り離せない。

 

嫉妬があるから、可愛いいともいえる。

 

一方、嫉妬で強盗や殺人事件もある。

 

 人は無い物ねだりの感情が強い。

 

隣の芝生は青く見えるようだ。

 

 

 

達筆に嫉妬する

字が下手くそな人にとって、達筆に書かれたハガキは羨ましい。

 

結婚式の記帳でも、整った綺麗な名前が並んでいると、記帳が恥ずかしい。

 

時々、達筆を越えて、解読できないほどの「うまい字」を書く人がいるが、憎たらしく思えることもある。

 

相手の気持ちを無視した、自己満足の手紙だと感じる。

 

最近、ふと、なるほど、そういうことかと合点したことがあった。

 

10年連続納税ランキングトップ10に入った齋藤一人さんの字はハッキリ言って上手とは言えない。

 

しかし、ほぼ100%嫉妬されない字だ。

 

「齋藤一人」でグーグルの画像検索してみてほしい。 

 

意図的なのか、もともと字が下手なのか不明だが、なんとも言えない字だ。

 

 

 

ハゲと嫉妬

そういえば、嫉妬に関するホリエモンの面白い記事もあった。

 

ホリエモンが次のように発言している。

 

孫さんが「ハゲている」という点も、やっぱりとても強いんですよ。ハゲが、一種の成功の免罪符になっているんです。ちなみに僕の免罪符は「元犯罪者」です。

 

引用:ニューズピックス 2017/4/22 【堀江貴文】なぜ孫正義は「嫌われない投資家」になれたのか?

 

 

この記事は嫉妬の話しではないが、ハゲているだけで、相手の嫉妬の壁が低くなり協力が得やすいことを思わせる記事だ。

 

「齋藤さんだぞ」のキャッチで有名な、トレンディエンジェルの齋藤さんも同じ意味合いだろうか。

 

 

 

嫉妬に気を付ける営業マン 

営業マンも似たようなところがある。

 

相手よりも良いスーツや靴を着ていると、お客に嫉妬される。

 

だから、無難なモノを着る。

 

会社の営業車も同じだ。例えお金があっても、嫉妬されにくい車を選ぶ会社が多い。

 

みんな、嫉妬に敏感だ。

 

 

 

 

妬みや嫉妬をかわす言動

服装以外でも、嫉妬をかわす言動をする。

 

たとえば、儲かってますかと聞くと、「いや~、ぜんぜんです」と、少し眉毛を落として、困った素振りを見せて言う。

 

 

ミルキヅクのケースでは、以前、勉強会で講師と距離感があったが、飲み会の席で、「実はすでに痛風なんですよ」と話すと、一気に距離感が縮まった。

 

講師は「親しみを覚えた」と言った。

 

これは、嫉妬とは別の感情かもしれないが、自分と同じものを持っていたり、自分より惨めだと、人は優越感を感じるのだろう。

 

 

 

妊娠と嫉妬

2017年3月28日の女性限定の匿名掲示板GIRL'S TALKで、妊娠できない女性が、お腹をナデナデしている妊婦に対するコメントで炎上した。

  

お腹をさすると痛みが和らぐらしいが、そういった妊婦の気持ちも知らず、嫉妬するのだ。

 

人は、自分が欲しいモノを持っている同類の人に嫉妬する。

 

 

 

 

嫉妬で渦巻く世の中 

ブログでも、アクセス数自慢や、リア中自慢をすると、叩かれたりする。

 

宝くじの当選も嫉妬が集中するので、まず公表しない。

 

働かなくても大金を稼いだという嫉妬だ。

 

副業の収入自慢や、座っているだけでカネが入る的なネタも嫉妬の的となる。

 

 

 

 

人の嫉妬とうまく付き合う方法

では、人の嫉妬が怖いからと、ビクビクしながら生活するのも息苦しい。

 

善意すら誤解される世の中。

 

気遣いが無碍(むげ)にされることもしばしば。

 

人はそもそも自分勝手で、嫉妬深い。

 

そうであるならば、好き勝手にやればよいとも思える。

 

しかし、それでは少し無責任だ。

 

自分勝手に自慢したい気持ちも、人の心理だが、大事なことは貢献だ。

 

つまり、自分の言動や行動が、すべて世のため、人のためならば、堂々とやればよい。

 

当然たくさんの誤解も発生するが、見ている人は見ている。

  

人は、そもそも嫉妬する生き物だ。

 

そうであれば、嫉妬に過剰に反応する必要もない。

 

常に、「世のため、人のため」という気持ちを忘れずに、真摯な態度で臨むことだ。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.