ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

ミルキヅクの新事業構想

僕らは宇宙に住む宇宙人。「人間」を卒業し、いずれ宇宙人となっていく。ならば、宇宙人視点で、今の生活や経営を再構築してみたい。人間は大いなる幻想に捉われている。まずはその幻想から抜け出すことで次の進化を迎えることができると考えてみた。

 

我々が当たり前と感じている幻想は8つある。

 

  1. 人は必ず死ぬ
  2. 時間が存在する
  3. 5感で知覚するものが真実
  4. 個体がある
  5. 感情が大事
  6. 言葉で意思疎通できる
  7. 物事には意味がある
  8. 善悪がある

 

 

  1. 人は必ず死ぬ

 

人はいつか死ぬと思っている。毎日、葬儀や死亡事故、誕生日や寿命や命の話など、人の生死を実際見聞きし、それが当然だと思っている。死生観という言葉も死が大前提とされた概念だ。

 

人は想像できないことは信じない。地球が丸いことも、電気の存在も、飛行機の出現も、信じなかった。今は「人は死なない」ことを信じていない。

 

発明王のエジソンは死者と会話できるツールを開発しようとした。それは実現しなかったが、人間がイメージできるものはいずれ実現していく。その時、人は「死」が大いなる幻想であったことに気づくだろう。

 

人間もいずれ死を超越し、特殊なボディーを使っていつでも宇宙空間に存在できるようになるだろう。

 

ではどうやって?

 

宇宙人は死から抜け出すために衣食住から脱却したはずだ。我々は、食べないと死ぬと思っている。しかし、宇宙人は食なくても、服を着なくても、家に住まなくても生存しているはずだ。

 

体のエネルギー源は食事からではなく、少なくとも電気以上の媒体を活用しているだろう。宇宙はプラズマであふれている。ボディーそのものが家であり服でもある。ボディーが壊れても一瞬で別のボディーへ乗り換えすることができているだろう。

 

そのボディーに「血」は循環してないはずだ。宇宙という無酸素空間を移動しなければいけないからだ。血がないなら呼吸も必要ない。病気にもならないはずだ。筋肉痛も無いだろう。だから、マッサージも不要だ。

 

そもそも食べる必要がないからお金を稼ぐ必要もない。つまり、労働する必要がない。満員電車などなく、過労死や、セクハラも、パワハラ等の労働問題なども無縁だ。

 

人間は生きる上でお金が必要だと思い込んでいる。それは資本主義の刷り込みだ。おそらく人間の労働時間は未来に行くにつれ0時間になっていくだろう。

 

宇宙人は死なない。だから子孫を残す必要がない。家族や結婚という概念も不要だ。性別も無いだろう。人口問題とも無縁だ。

 

  1. 時間は存在しない

人間が死を意識する要因は時間だ。時間が存在すると錯覚していることだ。しかし、時間は人工物だ。

 

宇宙人は腕時計をしないし、待ち合わせなどしない。宇宙における時間軸などないのだ。「12時に地球で待ち合わせ」ということはしない。時間が24時間というのは地球に住む人間界の話しだ。

 

「時間」という概念も物事には始まりと終わりがあると錯覚させてしまう。「今を生きろ」というメッセージも命に終わりがあると思い込んだ人の発言だ。

 

  1. 感覚に騙されている

人間が時間を感じるのはその感覚器官ゆえである。太陽を浴びればその光やぬくもりを感じる。

 

しかし、その感覚は不完全かつ相対的だ。たとえば、「不完全さ」でいえば、そこにないものをあると錯覚したり、聞こえないものが聞こえたりと脳は現実世界とつじつまを合わせようと誤作動する。

 

同じように「相対的」でいえば、同じ温度でも、熱く感じる人もいれば、涼しいと感じる人もいる。おいしさも人によって違う。音楽にも好き嫌いがある。同じ振動数なのに人の感覚器官の違いによって差異を感じる。

 

一方、宇宙人は同じレベルで情報の揺らぎ(振動数)を感覚しているに違いない。40度であれば、どのボディーも40度として捉える。その温度に対して寒いとか暑いという感覚はないだろう。

 

味覚も、触覚も、聴覚もすべて生存のために必要な器官。しかし、宇宙人は英知と技術によって死を超越したため、感覚は退化していったに違いない。

 

 

  1. 自分という錯覚

感覚があると信じている人間は、その感覚を感じている「個体」を自分と意識する。

 

自分を認識すると死を恐れるようになる。そして、死を恐れると判断ミスをする。そういった人は、同時に「永遠の命」も恐れる。永遠に生き続けることも怖いと思うに違いない。

 

いずれ医療の進化によって、人間は永遠の命を獲得するはずだ。しかし、多くの人は永遠の命に戸惑い苦しむだろう。

 

おそらく宇宙人に「個」や自我意識はない。だから自分が永続するという概念がないため永遠の命も恐れない。

 

また自分という意識は差別意識を生む。人種差別など最たるものだ。

 

また「権利」という衝突の原因となる人工物も作り出す。生命が大事だと言いながら、権利を建前に戦争で互いの生命を奪い取っている。

 

一方、宇宙人には権利の概念がない。所有権も人権も必要ない。権利がないから訴訟問題も起きない。そもそも、権利に基づき人が何かを所有するという概念自体、幻想にすぎない。宇宙摂理に個は存在しない。ずばり言えば、命という概念すら人工物かもしれない。

 

  1. 感情は大事?

人間の感覚は不完全。そして不完全な感覚で感じている「自分」という存在を信じている。そして、その自分が感じている「感情」を生きている証だと思っている。

 

情熱、愛、喜怒哀楽。あらゆる感情に生命を感じ、それが生命感だと錯覚している。

 

しかし、死を超越した宇宙人に怒り、恐れ、喜び、楽しみはないだろう。

 

そもそも、感情とは生命を守る機能の一つにすぎない。たとえば「恐怖心」は命を守る要素でもある。喜怒哀楽や幸福感といった感情も幻想だ。宇宙人は幸福を感じていないだろうし、喜怒哀楽もないはずだ。

 

宇宙人は、怒らない。なぜなら、「個」を超越した宇宙人には、こだわりがないからだ。宇宙人にとっては「あなた」=「わたし」なのだ。

 

怒りは、自らのこだわりから発生する。自分のコンプレックスが指摘された時、自分の期待が裏切られた時、自分の正義が侵された時など、すべて「自分」の何かが侵されたときに怒りが発生する。

 

宇宙人は個々の主義主張がないから戦争が起きない。自分のこだわりを守る必要がないからだ。一方、人間は自分の価値観を大切にするがゆえに対立が絶えない。「俺が正しくて、あいつが間違っている」と。特に宗教対立など典型的だ。

 

また人間は愛を信じている。しかし、宇宙人に愛という感情はない。愛は叫ぶものでなくて、あらゆる存在そのものがすでに愛なのだ。そのことを宇宙人は知っている。愛と言っている時点ですでに愛ではないのだ。

 

宇宙人にとって愛は当たり前のようにそこにあるからこそ笑顔は必要ない。見知らぬ人の自分に対する愛がうれしく感じるのは、人間が自他を区別してしまっていることからきている。宇宙人は愛し合う必要すらない。愛し合わなくても、愛は存在と一体化している。

 

喜びという感情も疑わしい。宇宙人はきっと笑わない。なぜ人は笑うのだろうか?それは相手を信頼させるコミュニケーション手段だからだ。見知らぬ者に対する恐怖心を減らす役割がある。しかし、死を超越した宇宙人には恐怖心を抱く「相手」は存在しない。

 

また、相手という対立軸がないので勝ち負けという概念もない。勝って笑うことも負けて悔しむこともない。

 

また、宇宙人には悲しみもないだろう。第一、死が無いのだ。血が無いから病もない。感情も退化するから涙もない。子孫を残すための家族も必要ない。パートナーができない悲しみや子供が生まれない悲しみなどもない。

 

ボディーは劣化しても老化はしない。新品に乗り換えればよいだけになる。食べるために金を稼ぐ必要もない。お金が不要だから詐欺や強盗もない。働き過ぎて鬱になることもない。

 

さらに、「楽しさ」という感情も無いはずだ。なぜなら宇宙人にとって時間は存在していないからだ。楽しさはつまらなさの逆でもある。つまらなく感じるのは時間の中で生きているからだ。時間は人工物にすぎない。

 

宇宙人は誰かを喜ばせるアミューズメントをしないし、エンターテインメントも見に行かないだろう。自分も相手も楽しませる必要がないからだ。宇宙人にストレスはない。

 

  1. 言葉で意思疎通できる

人間は感情が生命感だと思い込んでいる。その感情を表現するのが「言葉」だ。我々はその言葉の力をも信じてしまっている。

 

言葉は感情を表わす不完全なツールである。仮に感情を完璧に言葉で表現できたとしても、相手に100%同じ意味では伝わらない。言葉をつかった意思疎通は必ず誤解が生まれ、誤解は争いに発展する。本音で話してもそうなる。いや、本音で話すほど争いになる。

 

感情が退化した宇宙人は「言葉」という脆弱なツールを使っていない。第一、言葉は人によって意味が違う。同じリンゴでも、各個人の体験とその体験で生じた知覚と感情が同じでなければ、共通したリンゴの概念を描けない。

 

それぞれが別の概念を抱きながら、なぜわかり合えるというのか。なのに、人は言葉の力を信じている。言葉は不完全だから話しがかみ合わないのが普通なのだ。言葉の力を信じている限り争いは終わらない。それでも言葉の力を信じたいのなら、感情を一方的に発信する前に、相手の感情を100%理解する聞く力を養ったほうがマシだ。

 

宇宙人は言葉を使わない方法で通信し合っているに違いない。

 

  1. 意味などない

我々はそういった不完全な「言葉」というツールを使って物事を意味づけする。だから「意味」そのものも不完全であることに気づいていない。意味そのものに意味があって、その意味が大事だと思っている。

 

言葉という不完全なツールを使って物事に意味をつけてしまっていることに気づいていない。意味に囚われる故、「命」に対しても非常に重い意味づけがされている。

 

また、多くの人が人生を重く捉えすぎ、その意味を考えすぎている。そして、人生の意味が見出せない時、「私の人生ってなんだったのだろう」とむなしさを感じている人が大勢いる。

 

「意味」とは、人間が作り出した人工物にすぎない。そもそも意味など宇宙摂理に存在しない。意味とは、各個人の価値観の記録にすぎない。そんな誰かが作った意味で「慣習」や「文化」などの規範が作られ人の自由を拘束していく。

 

それでも人は意味を付けたがる。まるで味気のない料理に塩をかけるように。

 

「意味づけ」という習慣から逃れられた人は極めて少ない。

 

一方、宇宙人は意味づけなどしない。己の人生の意味など探さない。そもそも自分という「個」がない。存在していることそのものが「意味そのもの」であることを知っている。

 

そもそもなぜ人は意味をつけたがるか?それは命に終わりがあると思い込んでいるからだ。短い人生で「自分」の存在価値を残したいのだ

 

  1. 善悪がある

「意味づけ」は最終的に善悪という色眼鏡を作る。善悪の定義には軸がいる。自分軸から見て評価を下すのだ。

 

宇宙人に正義や悪という概念はない。裁判所もなければ、正義の味方もいない。宇宙人に「正義って何ですか?」と聞けば、逆に聞き返されるだろう。「正義」とは何だ?と。

 

宇宙人は誰かのドグマに縛られない。ドグマとは誰かの主義主張だか、それは一人の人間の恐怖心が生み出した己の利益を確保しようする詭弁にすぎない。人間社会はあらゆる考え方であふれている。それぞれに優劣をつけ自分と相容れないものは悪として戦っている。

 

生命が一番大切だと意味づけしながら、自らが作り出したドグマによって自らの命をお粗末にしているのだ。全く滑稽であり、悲惨だ。

 

宇宙人には善悪がない。だから罪悪感すら感じない。人間も、宇宙人のようにもっと楽に自由に生きられるはずだ。

 

そのためには、上記の8つの幻想から目覚める必要がある。

 

どうやって目覚めるのか?

 

それは、「その幻想を骨の髄まで体感しその限界と抜け道を知ることによって」である。例えれば、海から最初に陸に上がった生物が感じたように、宇宙の外に最初に出る感覚と似ているに違いない。

 

その限界を知るために5つの事業に取り組む。

 

幻想から目覚めるためには「思考」を正常化しなければいけない。思考を正常化するために柔軟性を持たねばならない。柔軟性を持つには想像力を働かせる必要がある。想像力を働かせるには感覚を鋭くする必要がある。そして感覚を鋭くするために「体験」が必要だ。

 

体験提供事業

そこで、最初の事業は「体験の提供」だ。

 

我々は5感で情報を知覚している。その5感を刺激して想像力を豊かにする取り組みを行いたい。音楽や絵をはじめとするモノづくり体験。気づく力を養う体験。考える力(読み、書き、そろばん)を深める体験。旅行、料理、外国語習得、遊びなども五感を刺激する良い体験だ。ビジネス自体も想像力を要求される体験だ。また、見えないものを見ようとする体験、声にならない声を聴くといった5感以外で感じとる体験も感覚を鋭くしイメージ力を強くする。

 

マンガ・ゲーム事業

その磨いた感性とイメージ力を使って次に行う事業は「ゲーム」と「マンガ」事業だ。娯楽という意味ではない。マンガを提供する一番の理由は空想のビジュアル化の訓練のためだ。人は思い描いたことがすべて実現できるようになっている。頭の中は自由だ。既成概念や常識を外せる自由空間だ。マンガは想像力と創作力と脚本力を高める。

 

ゲーム事業はビジュアル化された画像のモーション化の訓練のためだ。マンガが「静」かならば、ゲームは「動」だ。

 

一方、ゲーム事業は3D関連の技術を深められる。マンガで想像したキャラを立体的に表現し動かすために様々な技術が使われている。

 

さらにゲーム事業はプログラミング力を鍛える。プログラミング力はそのまま高性能の人工知能につながる。人工知能は兵器でもある。

 

Esportsはゲーム大会に見えて、実は、戦争だ。軍人、戦車、艦隊、戦闘機、ロケット兵器が無人化になるほどその意味がわかるはずだ。

 

すぐに、戦闘ゲームはバーチャルでなくリアルだと気付くだろう。その時、世界一のプロゲーマーに勝てるのは人工知能だ。世界一のプロゲーマーは暗闇で相手をとらえれないが人工知能は人間よりも優れた視覚機能を使って簡単に相手の場所を特定する。相手の次の行動まで高い確率で予測し当てる。また反応速度も人間よりはるかに速い。人間は反応に早くても0.2秒かかる。人工知能は一瞬だ。人工知能の精度が軍事力そのものになる。

 

人工知能は核兵器の威力を上回るに違いない。核抑止力は人工知能抑止力にとって代わるだろう。抑止力をもつ人工知能は、「ひきこもり」や「ニート」や「おたく」が開発するに違いない。人工知能は軍事力そのものだ。

 

いずれ、オタクの自宅がそのまま国を守るコックピットとなるだろう。すなわちゲーム事業は国の軍事力を高めることにも繋がる。

 

 

3Dプリンター事業

マンガ・ゲーム事業の次は3Dプリンター事業だ。マンガ・ゲームで想像したものを実際に具現化するものが3Dプリンターだ。

 

おそらく宇宙人は超高性能3Dプリンター装置を使って手を使わず製造しているに違いない。

 

3Dプリンターのメリットは場所に関係なく製造でき、技術をアップデートさせ続けられる。また素材開発によってバリエーションも増え、工作機械では製造できない造形物もできる。3Dプリンターですべてを作る時代になっていくだろう。人間が宇宙へ生活拠点を移す際にも必要な技術である。

 

素材事業

3Dプリンター事業の次は素材事業だ。「攻撃こそ最大の防御」といわれるが、防御こそ最強だと考えている。

 

例えば世界一の核兵器すらも効かない最強の防具をまとった人間がいたら戦う気が失せるだろう。この無敵人間は戦争開始の責任者に最後まで付きまとい殺しにかかる。まるでマシンガンを何発ぶち込まれても立ち上がって襲ってくるゾンビのように。最強の防御は相手の攻撃力を無効化する。

 

日本は戦争に負け核兵器が持てない。持つ必要もない。逆に英知を絞って世界最強の防具を開発したら世界の平和が保たれるだろう。

 

ところで、最強の防御は素材革命で作らせる新素材ではない。無防備である。赤ちゃんは世界一無防備だが世界一守られている。赤ちゃんは相手に恐怖を与えない。だから無敵だ。また死も恐れない。死を知覚しない人間は最強だ。環境破壊も、隕石の衝突も、核戦争も、不治の病も、どんな人間の脅しや攻撃も恐れない。

 

無防備や無知や無我が強いのは、それ自体が破壊や消滅していく対象物ではないからだ。つまり不滅だ。

 

エネルギー事業

最後に行う事業がエネルギー関連だ。

 

人は核や火力や水力等を利用して熱を作り出しタービンを回して電気を獲得している。一方、おそらく宇宙人はブラックホール近くでエネルギーを得て、遠隔で送っているはずだ。量子テレポーテーションは普通に利用されているだろう。

 

2020年は、核融合施設が導入されようとしているが、それを超えて思考からエネルギーを取り出す技術を開発したい。脳は最もエネルギーを効率的に消費する器官だとされている。

 

音も光も熱も電気も小さなエネルギーを大きくする装置がある。「思考」も拡脳器のようなものを使って思考から得られたエネルギーを増幅し無限のエネルギーを作り出せるに違いない。実は、それがビッグバンなのかもしれない。

 

以上、荒唐無稽の話をしているのではない。宇宙人が人間の進化版だとするなら、宇宙人を想像することで人間の進むべき方向の話をしている。

Copyright (C) 2014-2020 ミルキヅク All Rights Reserved.