読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

イメージでわかる損益計算書と貸借対照表の解説〜PLとBSの関係を図で簡単に説明

ビジネス ビジネス-PL・BS説明

 

損益計算書(PL)や貸借対照表(BS)が苦手な

経営者や社長のために、ざっくりまとめた。

 

企業のお金の流れはシンプル 

以下の3つ。 

  1. お金集め(右のオレンジ)
  2. 経済活動で儲ける(簿記発生活動) (真ん中のグレー)
  3. 儲けたお金が何に変化したか (左のブルー)

 

たった、これだけ。

 f:id:mirukizukublog:20151122125010j:plain

 

 

PLとBSの関係をわかりやすくするためドッキングさせた。

f:id:mirukizukublog:20151122124741j:plain

 

 

では、貸借対照表(BS)から説明する。

 

「貸方」「借方」という概念は、混乱するだけなので、覚えなくてよい。

 

 

 

右の貸方は資金の集まり方の話

まず、会社は、お金を集める。人のお金か、自分のお金だ。

 

f:id:mirukizukublog:20151121150129j:plain

 

 

 

もう少し具体的に言えば、返済義務があるか、ないか、だ。

f:id:mirukizukublog:20151121150224j:plain

 

 

 次に、

返済義務は、短期に返すものと、長期でもよいものに分かれる。

 

それぞれ、「流動負債」、「固定負債」と表現される。

f:id:mirukizukublog:20151121150756j:plain

 

 

 

 

 集めた資金の1年間の運用がPLの話 

さて、お金が集まったところで、このお金を使って、期初から、期末までの1年、経済活動を行う。

 

この経済活動は、損益計算書(PL)に表わされる。

 

経済活動を具体的に説明すれば、1つの簿記(仕訳)が発生する動きだ。

 

簿記は、このページが参考になる

 

f:id:mirukizukublog:20151121151012j:plain

 

損益計算書(PL)は、人が口から食べ物(集めたお金)を入れて消化する動きに似ている。

 

 

さて、経済活動を行うと、基本的に、お金が増える。

 

 

 

 

左の借方は儲けたお金をどう使ったかの話

そのお金が何に化けたかが左側(ブルー)のお話だ

f:id:mirukizukublog:20151121151300j:plain

 

 

儲けたお金を

 

そのまま銀行に入れておけば「現金」だ。

機械を買ったら「設備」

土地を買ったら「土地」

保険や、レバレッジに「投資」することもある。

 

左のブルーにも、流動と、固定という概念がある。1年以内に、現金化できるものが「流動資産」だ。

 

土地などは、なかなか売れないので、固定資産に入る。

 

 

 

 

経営の安定のためには

さて、経営の安定のためには、左の流動資産が、右の流動負債と固定負債を上回っているとよい。

 

 f:id:mirukizukublog:20151121151404j:plain

 

「現金」されあれば、いつでも、借金は返せるということだ。

 

 

 

 

減価償却という意味不明な概念

さて、余談だが、多くの社長を悩ませる「減価償却費」という考え方がある。

 

減価償却費」は、下記表の、真ん中グレーの

販管費」の項目で出てくる。

f:id:mirukizukublog:20151121151300j:plain

 

粗利益を、経費でたくさん落として

節税したいと考える社長がいたとする。

 

しかし、

法律では決められたパーセンテージでしか、

経費処理できない。

 

たとえば、

1億儲けて、1億設備投資しても、全額経費にならない。

 

これができると考えてる社長は、かなり多い

 

たとえば、上記の例で、

その1億の設備は10年で償却くださいと法律で定められていたら、

1年目は、1000万しか引けないということだ。

(*計算方法にもよる)

 

つまり、

他の経費が0円だと仮定すれば、

儲けた9000万に税金がかかる。

 

税額が50%とすると、

9000万 x 50%= 4500万

 

儲けた1億円を、1億の設備で使ったので手元に

お金は0円。

 

しかし、現実に、4500万円という税金を

払わなければいけない。

 

ここで、

銀行などから4500万円の資金を借りられなければ

非常にマズイことになる。

 

数字に弱い社長の黒字倒産の典型例だ。

 

 

 

さて、1年の活動を通して、最後に純利益が残る。

 

 

 

純利益分、BSが大きくなったり、小さくなったりする

下記図では、グレーの損益計算書(PL)が貸借対照表(BS)の表から飛び出ている。この純利益の分、BSが大きくなる。

 

f:id:mirukizukublog:20151121154748j:plain

 

 

この純利益は左のブルーには現金で、右では、資本金となる。

f:id:mirukizukublog:20151121154851j:plain

 

1年目の会社と2年目の会社では、

大きさが変わる事が理解できたであろうか。

 

まるで、ご飯を食べて成長する子供のようである。

 

f:id:mirukizukublog:20151121155142j:plain

 

  

そして、上記の表は、すべて平面図であるが、これを立体として上から眺めると、以下の図のようになる。

 

イメージできるだろうか。

 

このイメージを明確に持っている社長は、かなり少ない。

 

f:id:mirukizukublog:20151122124531j:plain

 

 

以上、お役に立てれば幸いだ。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念の作り方


理念番号発行

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.