読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

競争倍率の高い一流企業で内定をもらう必殺技~ソーシャルネットワーク履歴書(SNR)のすすめ~

ビジネス ビジネス-履歴書

 

企業は、採用審査の「ふるい」として、「履歴書」を活用する。

 

履歴書は、客観的事実の列挙であり、応募者は採用で有利になるように少し脚色する。

 

企業側も、そういった履歴書の特性を理解しているが、物理的に全員と面談できない場合は、一次選考の「ふるい」として活用する。

 

時として、優秀な人材を、履歴書で捨ててしまう企業もある。

 

 

そもそも、履歴書から、「人となり」を判断するのは難しいが、他の就活生より差別化された履歴書にして企業にアピールするやり方がある。

 

それは、第三者評価の蓄積だ。日々の行動の見える化でもある。

 

例えば、自分のライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルブログで、他者からの客観的な評価・コメントを整理・見える化して、デジタル管理されたものだ。(将来は人工知能がまとめる)

 

 

名付けて、『ソーシャルネットワーク履歴書』(略:SN履歴書)

 

従来の履歴書のような紙切れ一枚の判断ではなく、「ソーシャルネットワーク履歴書」は、いままでの生き方が反映されているため、情報に厚みと信頼性が付与されている。情報操作も難しい。

 

いままで、どのように自分に向き合ってきたか、何を考えてきたか、そして、社会に関わってきたか。それらが採用者にも見える履歴書でもある。

 

  

こういった履歴書が主流になると、それが提出できない場合、

 

  1. ソーシャルネットワークを活用してない人
  2. 人と関わらないコミュニケーション能力のない人
  3. 人や社会に貢献する生き方をしてきていない人

 

などと、推定されてしまうだろう。

  

特に、一流企業では、社会貢献能力、コミュニケーション能力が求められる。

 

 

蛇足だが、人手不足はこれからも続くだろう。(2016年時点)

 

人材確保では、売り手市場が続く。

 

就活する学生視点からは、人気の企業に募集が集中することが予測され、競争がより激化するだろう。

 

「人材採用のしやすさ」の格差が、企業間でも増々広がっていく。

 

競争の激しい企業を受ける者にとって、SN履歴書は威力を発揮する。

 

定型の履歴書と共に、自分がSN履歴書を勝手に同封して、第三者の評価が入った今までの生き方の情報を提供すると、採用されやすくなるだろう。

 

 

それ以外の一般的な会社では、人材の選択権の自由度は増々、無くなる。

 

「どなたでも来ていただければありがたい」ということになり、むしろ、人材教育のやり方を工夫した方がよい。

 

ただ、人材育成の各種教育手段の蔓延は、英語の参考本と同様、「ニーズは高いが実効性が無い」ことを表している。

 

その根本的な理由は、性格や人格が大きく影響するからだ。そういった性質的なものは、一筋縄では変わらない。90%以上の確率で、人の性格は変わらないということだ。

 

だから、大企業は、初めから、お金を投資して、良質な人材を確保しようとする。

 

一方、人の集まらない中小零細企業で、成果を上げる人材を得たり、育てたければ、

 

  1. 長所だけを徹底して伸ばす
  2. 社長がメディアに出て有名になる

 

という2点が重要になる。

 

いずれにせよ、現在の履歴書に工夫を加え、ソーシャルネットワークで蓄積してきた財産があるならば(人のお役に立つ生き方をしてきたならば)、有効に活用してほしい。

 

 

ビジネスとして、それをまとめてくれるサービスを提供する会社も現れてくるだろう。今も(2016年8月8日時点)あるのかもしれないが。

 

   

人間性」や「感性」や「企画力」が必要とされる時代となっている。

 

ご紹介した「SN履歴書」をやっている人は、まだ少ない。

有効に活用されてみては、いかがだろうか。

 

 

f:id:mirukizukublog:20160808093233j:plain

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.