ミルキヅクのブログ

見る、気づく!あなたの中の、何のためのを、スッキリさせる、お手伝い

【難易度予想】アフィリエイト月100万円 > 司法試験合格

アフィリエイトで、月100万稼ぐという話がある。

 

一見すると、飛びつきたくなるキャッチだ。

 

少し、冷静に考えてみよう。

 

 

日本の名目GDPは500兆円

 

個人消費が6割なので、

500兆x60%=300兆円

 

この300兆を一般市民の購買力と仮定する。

 

GDPと、給与アップ率は、比較的近い動きをする。

 

過去10年のGDPの平均成長率は0.7%/年

 

年収400万の人が、翌年は、年収403万ぐらいになるイメージだ。

 

アフィリエイトをシンプルに捉えれば、この300兆円のお金の動きの中間マージンを取るビジネスである。

 

相当勉強してアフィリエイトのエキスパートにならない限り、1万円あったアフィリエイトからの収入が、1年で、10万になることは、まず確率的に低い。

 

普通にやれば、0.7%という成長率を考慮したとしても、1万が、10,070円になればOKである。

 

感覚的には当たってないだろうか?

 

 

こんな問いをしてみたい。

300兆円という個人消費のお金が循環する市場の中で、月に100万稼げる人は、人口の何%ぐらいだろう。

 

月100万は、年収1200万

 

年収1000万以上は、労働人口の3%~4%

社長は、労働人口の5%ぐらいなので、

年収1000万なき社長も多い。

 

アフィリエイトをやっている社長はあまりいないと推測するので、現実一握りの人だけだと思う。

 

tadrocketstart.net のアフリエイターの収入に関するページによれば、

アフィリエイトは、400万人で、95%が5000円満たないようだ。

 

2:8のパレートの法則に当てはめ、

実際に活動している人を全体の2割と仮定すると、80万人。

その内、仮に3%が月100万稼ぐと仮定すると、2万4千人。

 

現実は、おそらく、もっと少ないと思う。

 

2万4千人と言えば、弁護士より少ない労働人口だ。

 

ネットには、アフィリエイトで儲かりました的な記事がたくさんあるので、一瞬騙されそうになる。が、現実は、そんなに甘くない。 

 

つまり、アフィリエイトで月100万稼ぐ技術は、司法試験に受かる以上に難しいのである。弁護士の平均年収は、年収ラボ によれば1189万円

 

アフィリエイトで簡単に月100万稼ぐという実現可能性は、ごく稀ということだ。

 

司法試験の勉強期間は、こちらの資格取得難易度偏差値ランキングによれば、約1万時間弱なので、すくなくとも、稼いでいるアフリエイターは、これ以上の時間を注いで研究しているはずだ。

 

1日約7時間強の勉強を3年間毎日続けるイメージだ。

 

時に、とてもセンスがよい人がいて、数記事で有名になる人もいるが、実は、IT系の会社で基礎ができていたりする。そういう人は、稀だ。

 

シンプルにお金のことだけを考えるなら、普通に頑張って働いたほうが、儲かると言える。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.