ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

先義後利(せんぎこうり)は、一見正しそうにみえるが…

 

先義後利(せんぎこうり)とは、

「道義を優先し、利益を後回しにする」という意味であるが、

 

「利益」とは、付加価値の対価。

 

つまり、

お客様から喜ばれた対価だ。

 

一方、

「道義」は、利益に関係なく果たすべき、人間の生き方だ。

 

「先義後利」の考え方は、捉え方を間違えると

おかしなことになる。

 

というのも、

「道義をちゃんと果たしているから、仕事をくれよ」という

話にもなってしまうからだ。

 

つまり、

「道義」を果たしたことを理由に、

「利益」という見返りを期待した、

いやらしい考え方ということだ。

 

みなさんの周りでも、

そんないやらしい営業マン

多くないだろうか?

 

子供でいれば、

宿題(道義)やったから、遊ばせて(利益)と同じだ。

 

「道義なき利益追及」は、そもそも論外であることは確かだが、 

道義は、「利益」に関係なく、それだけで存在する。

 

子供の例で言えば、

「宿題」は、「遊び」を条件としてやるものではない。

  

むしろ、「利益なき道義」を果たす場面が、

我々の生活では圧倒的に多い。

 

道義が先にきて、利益が後というのは、

結果論であって、いやらしい気持で義理を果たしても、

「利益」は来ない。

 

仮に利益が来ても、それは、本質ではない。

 

そう思う。

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.