読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

「経済成長率」を言い換えると…

 

経済成長率とは、一言で言えば、

「社長力」のことだ。

 

さらに言えば、

トップ1割の社長力だ。

 

本当に社長になりたくてなった人は、

1割ぐらいだ。

 

残りは、受動的な理由で社長になっている。

 

日銀は、金利を決める。

 

それ以上に儲ける自信がある社長は

積極的にビジネスを展開する。

 

現在500兆円というお金が社会を循環しているが、

ニーズが高い業界に

多くのお金が流れ込んでいく。

 

昔は、農業

次が工業

現在は、サービス業が主流。

サービスの次が情報。

 

都市部と、農村部の格差が広がるように、

お金は人のニーズが高いところに

移っていく。

 

格差は、つまりは、

「付加価値創出の差」の事。

 

ここ最近のGDP成長率は1%弱。

 

経済全体的には、社長の頑張りが足りないように

思えるが、

 

一人あたりのGDPは増えているので、

社長は頑張っているとも言える。

 

日本の平均年齢は、46歳(2015年現在)

 

バリバリの時期だが、後20年もすると、

平均年齢50歳だ。

 

50歳と言えば、

「社長、がんばって!」というような歳でもないので、

経済を成長させようと思えば、これから20年の

リーダー教育(社長育成)が大切になってくるだろう。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.