読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

国が借金をしなければいけない本当の理由【自論】

ミルキヅク視点 ミルキヅク視点-国の借金

 

国の借金が増え続けている。2016年現在、1000兆円程度だ。

 

 

会社の粗利益のことを、国でいえば、ざっくり、GDPという。

 

GDPは、三面等価する。

 

つまり、

 

「生産(付加価値創出)」して、「消費」して、「分配」する。

 

f:id:mirukizukublog:20151020171615j:plain

 

現に、分配されなければ、消費は起きない。消費されなければ、企業の粗利益が増えず、生産できなくなる。企業の粗利益が増えなければ、給与の分配ができない。

 

 

さて、平成27年の国勢調査で、高齢化率は26.7%になった。

 

高齢者は、お金を持っている。現に、個人金融資産の6割を保有しているらしい。

 

お金は使われなければ、GDPは等価しない。

 

高齢者がお金を使わない理由は様々である。

 

  • 老後に備えて使わない。
  • 土地などの不動産は持っているが、現金は少ない。
  • そもそも、使い先がない。
  • 購買意欲がない。
  • 買いたいものの情報がない

 

特に、富裕層の高齢者は、普通に生活しても資金が余ってしまう。

 

この余った分が、社会に回らないため、GDPの三面等価は崩れ、景気は低迷する。

 

もちろん、富裕層の高齢者の少ない消費だけが原因ではないが、影響度は大きいだろう。

 

一般家庭でも、貯蓄された総計分、景気を低迷させる。

 

貯蓄に回すということは、その分、企業の売上が減り、分配が減るということだ。

 

 

要は、国は、その消費されなかった分を、GDPを三面等価させるために、「借金」という名の元のバランス政策をしているだけではないだろうか。

 

労働人口の大半を占める、サラリーマンの最大の利点は、給与という安定収入だ。

 

この安定収入が確保できない世の中は不安定だ。

 

国は、世の中を不安定にさせないよう、各種政策をうつ。

 

国の借金がほとんど増えなかった時代もあった。

 

団塊の世代がバリバリ働いていた20代30代のころは、高齢者の人口は少なかった。

 

GDPの三面等価に影響を与える、消費しない高齢者のお金は、若い団塊の世代の消費力が補ってバランスをとっていたと推測できる。

 

一報、現在は、若者の購買力では、高齢者の消費しなかったことで生じたGDPの三面等価の不足分を補えない。

 

だから、国は、借金と言う名の経済政策で、バランスを取ってあげないといけなくなった。

 

労働者の安定収入」ニーズを甘く見てはいけない。

 

景気にどれだけケチを付けても、安定収入が無ければ、経済は、不安定になる。

 

国は、そうならないために、経済をバランスさせる重大な責任を担っている。

 

そこで、購買力をもった高齢者のお金を、生きている間に、経済に注入しようと、相続税をはじめとする各種施策が行なわれている。

 

それらが成功すれば国が借金することなく、景気がよくなる。

 

仮に、失敗しても、借金をしてバランスを取ればよい。

 

お金が世の中に増えても、そもそも高齢者の割合が多いと消費しないのだから、インフレも起きにくい。また、亡くなれば、相続で多くのお金が国に戻る。

 

相続で国に戻ったお金の分だけ、世の中全体の購買力が下がる。

 

ところで、「分配」を受けるには理由づけが必要だ。

 

公共事業は、GDPを等価させる一つの手段だ。

 

高度な技能をなくても、万遍なく、底辺の人も含め、いろいろな業界にお金を循環させることができる。

 

 

国が借金をしなければいけない、本当の理由は、購買しないことによるGDPの三面等価のバランスを調整するためだと考えている。

 

 

もともと、お金という概念自体、人間が作り出した人工物で、それを発行できる機関は、付加価値を創出していないのに、お金を作れるわけだから、ある意味、経済はマヤカシである。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.