ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

幸せな結婚生活を送りたい!パートナー選びのポイント

幸せな結婚をするためのヒント

幸せな結婚をするためのヒントと、幸せな結婚生活を送るためのヒントをお伝えしたい。

 

まず、いい男、いい女は、いないと思った方がよい。なぜなら、それらは相対的だからだ。ある人にとってのベストパートナーは、必ずしも万人のそれではない。

 

幸せな結婚は、得るモノではなく、作り上げるものだ。

 

鉄は熱いうちに打てと言われる。結婚も、好機を逃してはいけない。相手を選びすぎて婚期を逃す人も多い。

 

 

 

結婚生活は刀を作る工程

結婚生活と刀を作る工程は似ている。

 

テレビのインタビューで、「あなたにとっての結婚生活とは」と聞くと、8割の人は、うーん、と少し唸って、忍耐の「忍」ですね、と言う。

 

結婚生活という言葉で検索すると、ネガティブなワードが多い。

 

  • つまらない
  • 疲れた
  • 悩み
  • ストレス

 

など、多くの人が結婚生活にため息をついているのが聞こえてくる。

 

 

幸せな結婚生活を夢見ない

幸せな結婚生活を夢見て結婚をすると痛い想いをする。結婚生活は、そもそも修行の場と言う人もいる。しかし、忍耐だけでは結婚生活は息苦しい。

 

忍耐の忍は、刀と心と書く。この刀を、多くの人は、文字通り、忍耐だと捉えている。しかし、刀は心を切り刻む道具ではなく、むしろ、心を守る道具だ。その場合の心とは、まごごろや、思いやりの心である。

 

「刀」のイメージは、さも、パートナーが発する愚痴や批判や暴力を思い浮かべるかもしれないが、そうではない。

 

みなさんは、日本刀が作られる過程はご存じだろうか?下記の外部リンクがとてもわかりやすいので一読されたい。

gigazine.net

 

 

 

結婚は修羅場であり修行の場

刀を作る時、柔らかい鉄と、硬い鉄を何度も折り込むことで、割れにくく曲がりにく刀が作られる。

 

「作詞・作曲」荒木とよひさの『四季の歌』に、”夏を愛する人は心強き人、岩をくだく波のような僕の父親”とある。これは、硬い鉄だ。また、”冬を愛する人は心広き人、根雪をとかす大地のような僕の母親”とある。これは、やわらかい鉄のことだ。

 

結婚生活とは、まさに、折れにくく、曲がりにくい家庭を築きあげる協同作業である。

 

刀を作る時、まず鉄を熱する。熱しなければ、叩いても変化しない。熱を入れるとは、結婚生活でいれば、好きでも嫌いでもコミニュケーションと取るということだ。

 

次に、熱した鉄を叩く。これは、結婚生活ではお互いの意見を建設的にぶつけていくことだ。

 

そして、叩かれた鉄を冷やして硬くする。結婚生活で冷やすとは、少し、距離を置くことだ。べったりすぎず、時に、距離を置くこともお互いの絆を強くするために必要だ。しかし、冷やすぎてはいけない。鉄は冷やし過ぎるとヒビが入る。結婚生活も、お互いの関係にヒビが入るほど冷ましてはいけない。

 

熱し過ぎてもいけない。鉄は熱しすぎると、鉄の組織そのものを破壊してしまう。同じように、情熱を持ちすぎて相手の人格まで傷つけるようなことはしてはいけない。また、ラブラブすぎても燃え尽きやすくなる。

 

刀づくりと同じく、結婚生活でも、適度な温度管理が大事なのだ。

 

 

 

幸せな結婚生活を送る方法は鍛冶職人にヒントあり

結婚生活は、柔らかい鉄と、硬い鉄が合わさって最強の刀を作り上げる工程だ。だから、もともと、忍耐が必要なのだ。

 

そして、忍耐の忍とは我慢をすることではない。むしろ、お互いの真心や、お互いを思いやる心を、二人で作った刀で守ることだ。この真心を侵すものが、世間の誹謗や中傷だ。人は好き勝手にいろんな事を発言する。本人の事情も知らず、言いたい放題に発言をする。そして、多くの当事者がそういった世間の荒波に疲弊している。

 

夫婦とは、世界中の誰もが反対しても、唯一自分の背中を無条件に押してくれる存在であってほしい。そういう関係性を築き上げるためにも、結婚とは、厳しい環境で刀を作り上げる鍛冶職人のような共同作業だ。

 

そこで作られた最強の刀は鉄砲の弾丸すら真っ二つに割く。弾丸とは、世間の誹謗中傷や困難の事だ。

 

 

 

忍耐の忍に欠けているモノ

 

忍耐の忍に欠けているモノが一つだけある。

 

それは、言葉だ。「忍」という漢字の左に、言葉の「言」という漢字を付けてほしい。

「認」になる。結婚生活で大事なのは、お互いの嫌なところが見えても、刀を作り上げるために、「お互い認め合うこと」だ。会話を無くしてはいけない。少し嫌なことがあっただけで口を閉じる人も多いが、もともと、結婚生活は修羅場なのだ。甘い夢は描かない方が良い。

 

硬い絆で結ばれた家族は、困難を共にして最強の刀を作り上げた時に得られるものだ。結果として、どんな困難が起きても乗り越えていける幸せな結婚生活ができるのだ。多くの人が、パートナーからの労りの言葉を待っている。

 

 

 

 

結婚生活をもう一度天国にする参考本とブログ

素直になれる本

傷つくならば、それは「愛」ではない

傷つくならば、それは「愛」ではない

 

 

怒りのコントロール法

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 


 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.