ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

占いに頼る弱い社長!世の中を動かすのは占い師ではなく経営者

占いで経営をしている頼りない社長 

四柱推命、姓名判断、手相など、「占い」を、経営判断で使う経営者は多い。

  

むしろ、それに頼ったために、ビジネスのスピード感が遅れたり、意味不明な指示がでたりする。

 

世の中の流れの5割ぐらいは、占い師の指示の影響があるように思えてならない。

 

いや、もっとかもしれない。

 

多くのビジネスが、「占い」に影響されている。

 

まるで、占い師が経済を動かしているようだ。

 

 

自分と頭でしっかり考えて判断する。時を待たない。

経営者は、顕在意識も、潜在意識もフル活用して、判断しなければいけない。

 

日本のほとんどの企業は中小であり、社長の判断が95%以上経営に反映される。

 

闇の中の、孤独の決断の連続であり、「占い」に頼りたくなる気持ちもわかる。

 

「占い」は、判断を後押しするし躊躇もさせる。

 

その経営者の心の隙間に、「占い」という蜜の香りが、すっと、入ってくる。

 

しかし、経営者はすべて自己責任だ。

 

「占い師が言ったから」という言い訳は一切通用しない。

 

 

「占い」は、一旦横に置き、社長は時間の許す限り徹底的にデータを集め、議論をつくし、自問自答を繰り返し、シミュレーションを繰り返し、断行してほしい。

   

占い師は、神様ではない。

未来を決める者でもない。

 

 

科学技術が発展するほど、「占い」は無くなる。

たとえば、昔、農作物が育たなかった時は、神に祈りをささげた。

 

豊作か、不作かを占った。

 

経営は科学的ではないと思われがちなので、「占い」も活躍の場がある。

 

技術で制御できないところに占いが残る

 

しかし、農業技術が発達すれば、天候に左右されず、安定供給されていく。最近では雨すら人工的に降らせる技術もあるらしい。

 

科学技術が進歩すると、神頼みしなくとも、望むモノを得られるようになった。

 

そういう世界では占いは必要無くなる。

 

経営も同じだ。

 

経営を徹底的に科学してほしい。経営の技術を向上させ占いに頼らない強い心で決断してほしい。

  

全社員の運命を握っているのは、占い師ではない。

 

全責任を負った社長自身だ。

 

占いに頼る弱腰の社長など見たくないし、従いたくもない。 

 

 

 

未来は決まっている

占い師は、未来を予言する。

 

仮に、運命が決まっているならば、占い師にきく必要はない。

 

なぜなら、その未来は何をしようとも、やってくるからだ。

 

未来は変えられるという議論もあるが、いわゆる「見える系」の占い師は、特定の未来を断定することができる。

 

つまり、未来はすでに決まっていると考える方が理屈に合っていそうだ。 

 

そうならば、動じず、経営者としてやるべきことをやるまでだ。

 

経営は占い師に聞くようなものではない。

 

お客様に対する「不」の解決と、「喜」の追求で製品サービスを常に進化させてほしい。

 

 

 占い依存症の経営者・社長へ

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念の作り方


理念番号発行

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.