読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

社員教育用ポスターを廃棄せよ!『報連相』ができる従業員育成

ビジネス ビジネス-ポスター

 

 

社員教育のために、会社の壁にポスターを貼りまくっている会社は多い。

 

一見、教育熱心な会社にも思えるが、多くの場合、役に立たない。

 

自己満足で終わってしまっている。

 

ポスターに貼ってある内容の実行がはるかに大事なのに、ポスターを貼って満足してしまうのだ。

 

教育用ポスターが泣いている。 

いろいろな会社を訪問して気づいたが、超優良企業には、ポスターがあまり貼られていない。

 

それは、社員レベルが高いから必要無いのか別のところに貼ってあるのかは不明だ。

 

 

いずれにせよ、オフィス内で、標題、スローガン、ポスターなどは、無駄にベタベタ貼られていない。

 

スッキリしている。

 

頭も、オフィスも整理されている。 

 

 

社内教育用ポスターを貼る理由

では、なぜ多くの超優良企業以外の会社は、ポスターを貼るのだろう?

 

それは、大事なポイントを、常に心に留めてほしいからだ。

 

しかし、もう一つの隠れた理由がある。

 

それは、ポスターが、いちいち、説明するのが面倒と考えている社長や上司の伝達役になっているのだ。

 

 

そんな動機で貼られたポスターが何度も注意して見られるはずがない。

 

 

社長や上司が本気で人材育成を考えるならポスターに語らせてはいけない。

 

 

生身の人間が、そこにいるのだ。

 

魂を通わせて、親身に教育しないと人は育たない。

 

親身にやっても、なかなか人は動かないのに…である。

 

 

 

従業員教育用ポスターを作るなら、「ワンフレーズ」のみ

とはいうものの、どうしても、ポスターを貼りたい願望が抑えきれない社長は、1枚だけだ。

 

人は一度に多くの事を吸収できない。

  

 

受験勉強によくある、「xx大学絶対合格」のようにシンプルなもので良い。

 

 

たった一つのコアな社長の哲学だけを、ポスターにすることぐらいはOKだ。

 

その1つの哲学が、すべての行動指針の元となる。

 

1つで良い。

 

たった、1つで。

 

 

社長の哲学が込められたポスター

 

 ↑これもありきたりの哲学だが、強い想いが込められていれば良い。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念の作り方


理念番号発行

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.