読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

【褒める技術】 も 【叱る技術】 も … いらない

ビジネス ビジネス-マネジメント ビジネス-人材育成 ビジネス-営業部長・営業マン用

 

人の心をすべて理解して、

褒めたり、叱ったりすることは難しい。

 

それができたら、

神様だ。

 

褒められて、腹が立つことはないだろうか?

「何をわかって褒めてるの?」

 

叱られて、腹が立つことはないだろうか?

「あなたに、何がわかってるの!」

 

目に見えるものを

基準にしてはいけない。

 

結局、お互いに信頼があれば、

褒められても、気持ちよく、

叱られても、心地いい。

 

信頼を得るために、唯一できることは、

褒めも、

叱りもしない。

ただ、自分の意図を明確に共有することだ。

 

そして、

あなたに与えられた役割を

黙々とやるだけだ。

  

下心がある「褒め」は、ダメ

怒りにまかせた、「叱り」も、ダメ

 

本を読んで、叱る技術、褒める技術を

勉強しても、無駄。

 

それらは、技術ではなく、

信頼性の問題だからだ。

 

 

http://www.flickr.com/photos/49840171@N08/11314410723

photo by Isengardt

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.