読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

ブログタイトルの付け方のポイント~プロのやり方 素人に応用~

ビジネス ビジネス-ブログタイトル

 

ブログタイトルは重要だ。

 

 

新聞記事のタイトルや、

ヤフーニュースのタイトルが参考になるが、

素人でもできる3つの重要な視点をお伝えしたい。

 

 

 

タイトルを付ける時の3つの視点

  1. 表示される」 ためのタイトル
  2. クリックしてもらう」 ためのタイトル
  3. 読んでもらう」 ための本文

 

 

 

 

 

1.「表示される」ためのタイトル

まず、付けたタイトルが1ページ目に表示されるようにする。

 

ポイント!

  1. ターゲット読者が検索しそうなワードを想像する
  2. goodkeywordを参考にする
  3. タイトルの文字数は26文字以内が理想(最大32文字)
  4. 1.2から抽出したキーワードで検索した時、すでに1ページ目が飽和状態でないか確認する。
  5. 月の平均検索数が500~4000件ぐらいかつターゲットのテーマと合っているワードを選ぶ。

 

 

 

 

2.「クリックしてもらう」ためのタイトル

1の施策で、該当ブログが1ページ目に表示されたら、

次は、クリックしたくなるようなタイトルになっているか冷静に見る必要がある。

 

1の「表示される」は、むしろ、そもそも土俵に立てるかの話しである。

2の「クリックしてもらう」は、土俵にたった後に、選ばれるかの話しだ。

 

SEOでは、1ページ目の、上位1位と2位にクリックが集中する。

それ以外は、ほとんどクリックされない。

クリック率はシビアだ。

 

「ブログわかること!」のCATALYST調査のGoogle検索平均CTR(クリック率)データ

 を参照してもらいたい。

 

さて、

検索で表示された自分のブログタイトルを

客観的に見てみてよう。

 

クリックしたいと思うタイトルになっているだろうか?

自分がそう思わないモノを、人が押す確率は低い。

 

 

 

ポイント!

  1.  週刊誌の挑発的なキャッチコピーを応用する
  2. 【  】を文頭に使い、要点ターゲットを記入する
  3. 「 」で、キーワードを強調する
  4. スペースをうまく活用し、見やすくする
  5. !ビックリマークを活用する

 

 

 

 

3.「読んでもらう」ための本文

タイトルがクリックされたら

本文の最初の5行で勝負が決まる。

 

 

ここで、ターゲットと、ターゲットの知りたいニーズが

合致していれば、読まれる可能性は高い。

 

 

 

ポイント!

  1. 掴みの文章
  2. わかりやすい写真・動画
  3. フォント色は最大でも3色。毎回同じ色を統一して使う。
  4. 「見出し」をつけて話の内容ごとに整理する。
  5. 見出しの間隔を多めにあける(4スペース以上)
  6. できるだけ論理的な文章で AだからB BだからC…
  7. 文字の大きさとフォントの色(黒々させない 少しグレー目)
  8. 行間の隙間をほどよく開ける。
  9. 情報を定期的に更新していく。
  10. 自分の頭で考えた意見
  11. 語調を統一する(紳士系、挑発系、ラフ系など)

 

 

 

 

まとめ

以上、ブログタイトルを付ける時の3つの視点をお伝えした。

 

世間一般の平均レベルが上がると、

差別化が難しくなるが、やらないよりは、意図的に行った方がよい。

2016年6月時点でも、まだ有効だ。

 

「グーグルアナリティクス」や、「はてなカウンター」を

参考にしながら、ターゲットの心を推測して、

読まれるタイトルを作ってほしい。

 

グーグルコンソールの「fetch as google」も同時に活用するとよい。

 

 

 

 

I wrote you

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.