ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

子供の英語勉強はリスニングを最重視せよ

英語はリスニングが超重要

これからの英語教育は、圧倒的にリスニングスピーキングが重視される。特に、リスニングだ。

 

であれば、英語教育は、自我が芽生える小学生3年生までに完成させることが大事だ。

 

3歳後半ぐらいからスタートして、6歳前半ぐらいまでに、とりあえず、英語音をたくさん耳に入れておくことが大事だ。

 

教材としては、ディズニーのソフィアがオススメだ。テンポもよく、英語もなまりがなくスタンダード英語だ。

ちいさなプリンセス ソフィア/プリンセスのテスト [DVD]

ちいさなプリンセス ソフィア/プリンセスのテスト [DVD]

 

男の子は、ソフィアみたいにテンポがよく、かっこいいと思えるモノが良いだろう。たとえば、日本の漫画で男の子に人気があり、海外でも放映されているモノでも良いだろう。

 

ピアノでも絶対音感があるが、一度耳が完成してしまうと英語音は、なかなか脳が認知しない。だから、早期に英語の音を入れることが大事だ。

 

すでに大人になってしまった人は、ある意味、英語は人工知能に頼った方が良い。むしろ、英語以外の特殊な能力を身に着ける方が、強く必要とされる人になる可能性が高い。

 

 

費用対効果の高い実用的なスキル 

 

1+1=3以上を生み出すシナジー力

  

強みを見つける理念実現書作成セミナー

 

 

 

英語のスピーキングの学習は? 

悩ましいのがスピーキングだ。

 

SNSで世界中の人と会話できると思っている人も多いが、実際は、身近な人でのやりとりがほとんどだ。わざわざ、海外にいる人とスマホなどを使って英会話をする人は少ない。

 

この流れは、これからも変わらないだろう。

 

 

スピーキングで重要な視点

  1. 成人するまで、しゃべる機会がある場に行く

 

*インターナショナルスクールのアフタークラス、週末クラスや、地域の外人が教える小規模クラスの英会話塾があると良い。おそらく、知的労働社会が加速すると、世界中を巻き込んだノマドや在宅勤務が一般的になるだろう。そのような世界が来ると仮定すれば、英語を話す機会は必然と増えるかもしれない。

  

20歳ぐらいまで英語のスピーキングとリスニングができていれば、後は、何歳になっても、使いこなせている確率は高くなる。

 

 

 

 

思考ベースは日本語で

一方、思考する力は日本語ベースが良い。日本語は、カタカナ、漢字、平かなと、ある意味、言語の中で最強なのではと思っている。

 

日本人は世界で最もイノベーティブだと評価されているというデータもある。英語が話せなくてもだ。言語はラテン語やギリシャ語が的確で体系的かもしれないが、柔軟性では日本語で必要十分だ。

 

普段の教育では、読み書きそろばんに加え、いろいろな遊びをさせることが大事だ。

 

ライティングと、リーディングは、むしろ、日本語の読み書きをじっくり学んでおけばよい。英語のライティング・リーディングは、すべて人工知能がやる時代がくる。もうすでに、そこまできている。

 

人工知能は進化し続けるため、おそらく2030年ごろまでには、ほぼ完璧に翻訳を行っているだろう。量子コンピューターが一般化するころには、言葉の壁は無いかもしれない。

 

ともかく、英語教育にはタイムリミットがある。ミルキヅク的には、自我が芽生える前、3歳後半~6歳前半としておこう。

 

 

英語に関するブログ 

mirukizuku.hatenablog.jp

mirukizuku.hatenablog.jp

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書を作成するやり方


理念実現書作成セミナー申込

 

 

Copyright (C) 2014-2018 ミルキヅク All Rights Reserved.