読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

稲盛哲学「売上最大、経費最小」の反対が実は原理原則!?

ビジネス ビジネス-原理原則

 

稲盛氏の売上最大、経費最少の名言がある。

 

シンプルに考えればその通りだとも思える。また、稲盛氏は、「利他の心」を大事にする。 

 

さて、経営の12箇条の上記名言だけは、自分の勉強不足か、腹に落とし込めていないのでそのあたりを述べたい。

 

 

世の中をシンプルな構図で捉える

世の中が2人だったとする。

Aさん

Bさん

 

 

Aにとって、売上最大とは、Bさんに、より買ってもらうこと。経費最少とは、Bさんから、より安く仕入れること。また、Bに買ってもらう商品をAができるだけ安く作る努力のこと

 

Bにとっては、上記の反対だ。

 

さて、貨幣制度の基本は、等価交換なので、 AとBが切磋琢磨して、常に等価交換(ぶつぶつ交換)が成立したとしたら、

 

Aにとっての売上は、Bのとっての経費であり、反対も然りになる。

 

つまり、売上ー経費=0となる。

 

利益は残らない。

 

もう少し踏み込むと、Aにとって、売上を最大にする行為は、Bの経費を最大にすることであり、経費を最小にする行為は、Bの売上を最小にすることである。

 

 

 

利益とは付加価値創出の差

ミルキヅクは、利益とは、「AとBの付加価値の差」のことだと主張しているが、その差のことを、いわゆる「格差」と考えている。

 

そして、その利益を、相手が自分と等価交換できる力をつけるために使うことが「利他の心」だと考えている。

 

そうやって、格差がなくなる状態を「和」と呼ぶ。

 

 

本当に、売上を最大にし続け、経費を最小にし続けていいのだろうか。

 

 

 

売上最大、経費最少で格差社会が広がる!?

多くの経営者は、売上最大、経費最少で得た利益を更なる売上向上や利益率改善のために投資するのでますます格差社会が広がっていかないだろうか……

 

ピケティも、格差が広がっていることを証明しているが、当たり前と言えば当たり前である。

 

利他の心を持った人は、全力で人のために創意工夫し、そして、善意で、格差が広がっていく。

 

ここに、一種パラドックスがある。

 

 

 

売上最小、経費最大が本質!?

本当は、「売上を最小に、経費を最大に」が世のため人のためになるのではと、考えている。 

  

「売上を最小に」というのは、自分のことはさておきという意味で、「経費を最大に」とは、人のために人の購買力が増えるように力を貸してあげるという意味だ。

 

たとえば、マザーテレサは、自らを犠牲にして(売上最小)人のために尽くした(経費最大)

 

結果、マザーテレサのために、全世界中から、多くのお金と人が集まった。

 

 こうやって集まったお金は格差が減少する方向に働くのではないだろうか。

 

一部の権力者は格差が縮まることを望んでいないかもしれないが。

 

  

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.