ミルキヅクのブログ

あなたの中の、何のためにを、スッキリさせる、お手伝い

せこい発注担当者の甘い言葉にだまされない!価格決定権を持った強い営業マンになれ!

売上目標の数字に足りない時に、つい、お客の甘い言葉に騙される営業マンは多い。

 

 

 

例えば、次のようなものだ。 

 

  1. 安さを求めてくる
  2. おいしい物件で釣る
  3. 即決を求めてくる

  

そして、それらの言葉に騙されて痛い思いをした営業マンは多い。

 

 

 

安くしてくれたら、もっと注文を出すよ 

「安さ」と「物の売れ方」には、ある一定までは相関関係がある。

 

しかし、そもそも、値段ばかり言うお客には力を入れないことだ。

 

市場の総需要は、価格に関係なく決まっている。

  

世の中は安さでは回っていない。

 

安さが世の中を支配するなら、最安値の会社が一番になるのだ。

 

しかし、そうはなっていない。

 

購入理由は値段だけではないのだ。むしろ、値段だけが購入理由になるケースの方が少ないと思っている。

 

むしろ、「この人には良くしてもらったので、値切ると申し訳ないな~」と思われるような、営業活動や人間関係づくりを目指してほしい。

 

 

  

 

 

えさで釣る:「xxをやってくれたら次はおいしい仕事をあげる」

「xxをやってくれたら次はおいしい仕事をあげる」という時は、これをやってくれる会社が見つからないので、困っている場合が多い。

 

要は、カマをかけているのだ。

 

世の中は、弱肉強食ではなく、役割分担の果し合いで回る社会だ。

 

だから、仕事ごとに、それ自体で商売が成立するか自問自答してほしい。

 

「これをやってくれたら」という面倒な仕事は、それを一番得意とする会社を紹介してあげるのが一番よいのだ。

 

では、あなたの会社の得意技は何か?得意な仕事だけで食べていける力を身に着けることが価格競争から抜けたすヒントだ。

 

客の甘い言葉を信じ、面倒くさい仕事をやった後、おいしい仕事を期待していたら、その仕事はすでに他に発注してしまったという事例は、ごまんとある。

 

倫理観のある発注担当者は少ない。とても狡猾だ。また、白々しい。

 

形式上、約束を守ったふりをして、おいしい仕事の話しをいただいても、最終的には「価格が高いから」などと言われ失注するケースもある。はじめから発注しないと決めている場合も多い。

 

要は、xxができたらおいしい仕事を上げるというのは、xxxの仕事に困っているだけだ。だから、xxxが一番得意な会社を紹介するのがベストアンサーだ。

 

 価格競争に巻き込まれない、あなたの会社の強みを深堀してほしい。

 

 

 

値段で即決したら注文あげるよ

即決を求めてくる客がいる。

 

そのような客は、価格のみが購入理由の場合が多い。値段のみなら、営業マンが行く必要はないのだ。

 

「価格のみの客には力を入れない!」という力強い方針を社長が明確に打ち立ててほしい。

 

即決要求は、相手の混乱を利用する、ある種、せこい技ともいえる。

 

但し、社長、営業マンは、即決力を常に磨いて準備しておく必要はある。

 

即決できる力もないのに、流れに押されて、即決し、飛んでもない値段で決めてしまい

後から後悔した営業マンは多いはずだ。

 

価格で勝負するような製品サービスには手を出さない方が良い。

 

もちろん価格競争力を持っていること自体は大事である。

 

 

以上のように、ずる賢い発注者に騙されないように、事業戦略を明確に設定して、商品サービスを究め続け、積極果敢に、能動的な経営を目指してほしい。

 

参考になる情報を下記に上げた。 

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

  

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念実現書作成の手引き


理念実現書作成セミナー申込

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.