ミルキヅクのブログ

見る、気づく!あなたの中の、何のためのを、スッキリさせる、お手伝い

バタバタを生じさせている張本人

 

忙しい、忙しいと、

バタバタしている人が

今日も世界中で多くいる。

 

http://www.flickr.com/photos/31437555@N00/1950409800

photo by Jeffrey Beall

 

バタバタの原因は、

一人の怠惰な行動から発生していることは多々ある。

 

また、

一人の、計画性のない指示から発生していることも多々ある。

 

バタバタに巻き込まれないように、

整理整頓や自問自答術を磨いてほしい。

 

自問自答では、

ミルキヅクの自問自答術を参考にしてほしい。

 

指示者に逆提案してみよう。

 

例えば、

「ところで、そもそも、これは何のためにやるのですか?」

「ところで、別の切り口がありませんか?」

「ところで、こっちの方法の方がいいんじゃないですか?」

 

一方、

バタバタを引き起こす加害者は、

次のことを意識してほしい。

 

「すべきことリスト作成」

「計画を前もって関係者に情報共有する」

「思いつきは、安易に指示を出さない」

「情報が理解されているか確認する」

「自分の指示ミスで、多くの人の汗と努力を無駄にしなかったか」

 

 

一人一人が少しだけ

意識することで、もっと、お互いにストレスフリーで、

効率的な仕事ができる。

 

とは言っても、

だいたい、次の言葉が出てくる。

 

「忙しくて、それどころじゃない」

 

そういう場合は、

「忙しくて」の中身を

分析してみてほしい。

 

多くの場合、忙しくする理由も

ないのに、自ら、忙しくしていることが

圧倒的に多い。

 

もう一度自問自答してほしい。

 

そもそも目的は何か?

本当にこれをする必要があるか?

もっと別の切り口はないか?

 

段取8割で、勝負が決まる。

段取りのほとんどが自問自答力だ。

 

勝負を決めるのは、

ほんの1歩、前に進むか、

進まないか。

 

いろいろな会社を見ているが、

結構、そこに尽きる。

 

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク All Rights Reserved.