読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

社長・経営者が理解すべき5S活動の意味

ビジネス ビジネス-5S

 

5S活動で会社が良くなると思っている社長は多い。

 

であるのに、

5Sを腹に落とし込めている社長は少ない。

 

現に、

「社長が思う、2Sの定義を言ってみてください」

と聞くと、あいまいな答えをする。

 

多くの人が、「整理・整頓」が大事だ、といいながら、

清掃もどき」なことをしている。

 

2Sの意味だけでも、徹底して落とし込み、

理解させ、実行するだけでも、

会社内がスッキリだろう。

 

多くの中小企業では、5Sの実行は困難だと予想しているが、

参考となる本をご紹介したい。 

 

 

 

整理・整頓

トヨタ流ではないが、

「儲かるメーカー 改善の急所」は、

「整理・整頓」の概念が理解しやすい。

 

  1. 儲かるメーカー 改善の急所〈101項〉(2Sの定義がわかりやすい)
  2. 人生がときめく片づけの魔法
  3. 学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓

 

 

 

 

清掃・清潔

清掃は心だと気づいた新津さんの哲学は奥深い。

差別にあっても、なお前向きに生きる姿は、

人々の心をも清掃する。

 

  1. “世界一"のカリスマ清掃員が教える 掃除は「ついで」にやりなさい!
  2. 世界一清潔な空港の清掃人

 

 

 

 

しつけ

有名どころだ。 

 

  1. 凡事徹底 (活学叢書)

 

 

 

 

5S全般

  1. トヨタ 仕事の基本大全 (中経出版)

 

 

 

 

5Sの考え方

一見すると、5Sと企業業績には相関関係がありそうだ。

 

しかし、それは、結果論だ。

 

むしろ、

「事業戦略」や「ビジネスモデルの構想力」が大事だ。

 

これからも、

その事に気が付かず、多くの社長が5Sと言い出すだろう。

 

5Sは、業績を伸ばす手段よりも、

茶道、華道、書道のように、「5S道」と捉え、

人格完成の一つのツールと捉えるのがよい。

 

5Sは、仕事で成果を出す考え方にも思えるが「心」の話しだ 。

 

そして、

心を鍛える方法は、5S以外にも様々だ。

 

5Sを徹底しても、倒産する会社もある。

 

 

それは、たとえば、

人や物をピカピカに磨いたが、

観客が来ない遊園地のようなものだ。

 

 

一方

事業構想や戦略が的を得ると、人が溢れかえるように来店する。

そういう状態になって、必要性に駆られ、

5Sをやらざるを得なくなり、結果として5Sが浸透していく。

 

 

5Sを徹底された会社の

事業戦略の実行力と、スピード感は、他を超越する。

 

 

f:id:mirukizukublog:20160807141554j:plain

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.