読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

あなたにとっての「秘伝のタレ」ならぬ、「秘伝の思考」を作る

ミルキヅク視点

 

「秘伝のタレ」は、代々受け継がれるモノで、

いかにも、シークレットがありそうな名前だ。

 

味に、時系列や歴史が感じられると

うまみも増すと言うわけだ。

 

外山氏の整理学は、

本屋で良くみかける良書だ。 

 

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

 

この本は、タイトル通り、

思考の整理法が書いている。

 

この本の中で、思考を整理する効果的なやり方が書いているが、

それが、「秘伝のタレ作り」に似ていると感じた。

 

簡単に言えば、

メモに番号をつけて、

さらに、メモから、大事なモノを抜き取って

整理していくやり方だ。

 

それを続けると、

自分の思考を形作るネタ群が深堀され、

それらが整然と整理された状態になる。

 

さらに、新しいひらめきとともに、

そのネタたちは、進化していく。

 

そのネタに基づいて、

「思考自身」も、上昇スパイラルで、

鋭くなるということだ。

 

時系列を感じ、味に深みが増すという意味で、

この整理されたネタシリーズと、

秘伝のタレは似ている。

 

ミルキヅクの理念作成も、

あなたにとってのキーワードを抜き取って

それを深めていく作業をする。

 

知的労働社会は加速するが、

突然、「知」というものは、身につかない。

 

インターネットなどから膨大な知識を吸収されすれば、

知的労働社会を生き残れると考えていれば、

見当違いだ。

 

知識が知恵、

知恵が英知となって進化されていくには、

思考の深堀が必要だ。

 

ところで、下記の映像を見た人も多いと思うが、

インパクトが強い。

 

肌の質感といい、表情といい、7割ぐらい、人間らしくなってきた。

 

 


Hot Robot At SXSW Says She Wants To Destroy Humans | The Pulse | CNBC

 

 

ペッパー君などのロボットの目や、こういったロボットのセンサーから、

人のあらゆる情報が蓄積され、そのビックデータを

データサイエンティストやプログラマーが活用し、

応用し、アップロードを繰り返すことで、

さらに人間らしくなっていく。

 

多くの人が、人工知能の誤作動や、悪意ある

ハッキングによる人類滅亡を恐れているが、

この映像を見る限り、少し、ぞっとする。

 

無感情な冷酷な顔で

 

「人類をデストロイ(破壊する)」と言っている。

 

 

何か、事件が本当に発生する時は、

「そこでしたか…」という盲点を突かれるケースが多い。

 

内部摘発などがその例だ。

灯台下暗し。

 

例えば、

大事なデータが、外部から奪われないようにと

注意していたら、内部から持ち出されることは

多々ある。 

 

原発も、地震ばかりに注意を向けていると、

内部で働いている人のテロもあり得る。

人生に絶望している人にとっては、

人類を道ずれにすることなど、たやすいことだろう。

 

 人類が滅亡する要素が、ちらほら見受けられる。

 

今一度、「思考力」を高め、「倫理観」を高め、

お互いの価値観を尊重し合う世界の構築を真剣に

見つめ直す必要がある。

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.