読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

簡単な経営計画書~1枚のシンプルかつ実践的な事業計画書~

ビジネス ビジネス-経営計画書

 

既存の経営計画書や、事業計画書が苦手な社長は多い。

 

また、作ったは良いが、成果が出ないため、やめた社長も多い。

 

ちまたの経営計画書は、頭が痛くなる。

 

  • 経営理念
  • ビジョン
  • 行動指針
  • 経営方針
  • 外部内部環境分析
  • 目標数字
  • 営業戦略
  • 販売計画
  • 財務計画(PL/BS)
  • 人材計画
  • 設備計画

 

2016年現在、年に5万人~8万人ぐらいが新規に社長となるが、

 

  1. 社長自身が腹に落とし込め
  2. 従業員にも簡単に伝わり
  3. 成果を最大する

 

という3つの点を考慮した新しい経営計画書をご紹介したい。

 

やることは、次の2つのみだ。

 

  1. 挑戦粗利目標の設定
  2. 安定収益の獲得の3つの方法

 

 

 

1.挑戦粗利目標

会社は粗利益で生きている。

 

「何言ってるんだ! 会社は、夢とか、ロマンで生きているんだ!」と洒落たことをいう社長も多いが、まず、何をするにも資金がいる。お金がなければ始まらない。

 

そこで、まず、従業員一同を幸せにするために、また、世の中に貢献するために必要な粗利額を設定してほしい。

 

そして、次に、粗利益の見える化を行ってほしい。

 

いわゆるKPIと言われるものだ。

 

f:id:mirukizukublog:20160705160635j:plain

 

成果が出ているかどうかをこの1つの表だけで判断するのだ。

 

非常にわかりやすい。

 

ちなみに、粗利益を、12か月の移動累計平均にして表にすると、閑散期と繁忙期の要素に影響を受けず、より正確な粗利益の指標が見える。

 

『例』

12ヶ月移動累計(年次推移)グラフ

移動累計は、1か月ずらしながら、12ヶ月の平均を表にしていくものだ。 

 

表を見てもわかる通り、上の表では、各月粗利益が上下しているが、下の表のように、12ヶ月平均の「年」で捉えると、ほとんど粗利益は変わっていないことが一目瞭然だ。

 

 

この移動累計の合計を「従業員の数」で割った数字を指標としても良い。

 

 

社長を含めた全従業員は、この数字が、右上がりになる事だけ意識して、行動すればよい。

 

いろいろな指標があり過ぎても、頭が混乱するだけだ。

 

そもそも、資料作りに、時間をかけるべきではない。

 

 これが右上がりになるほど、従業員一同の総分配も増えることを理解させてほしい。

 

従業員一人一人の仕事がこの表に直接関係する認識を共有してほしい。

 

 

 

2.安定収益の獲得

次に考えることが、粗利益目標を達成するためにすべき、最優先事項を3つ上げ、その具体策を詳細に検討することだ。

 

この時は、従業員を巻き込んでほしい。

 

時間をたっぷりかけて、社長と共に、前向きなアイデアを出し合ってほしい。

 

 

ミーティング時のルール

 

  1. 批判禁止
  2. 「発言したお前がやれ」的な圧力禁止

 

1が横行すると、そもそもやる気が失せる。

2が横行すると、いいアイデアがあっても発言しなくなる。

 

 

戦略の策定

安定収益獲得の方針を考える時にすべき最初のことは以下の2点だ。

 

  1. 商品サービスは何にするか?
  2. ターゲットは誰にするか?

 

*ソフトバング孫正義が手掛けた事業を良く観察してほしい。常に安定収入が得られる事業だ。(携帯、電気、ロボット)自分たちの事業でも応用できるか検討してほしい。 

 

参考本

ストックビジネスの教科書

 

 

戦略に関する参考ブログ

mirukizuku.hatenablog.jp

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

 

安定して収益を得るための具体策を考える

次に、下記の表も参考にしながら、粗利益を増やす要素の「値段」と、「数量」の各項目の内、「安定して」というキーワードに集中して最重要項目を3つ抽出する。

 

安定して」と言う意味は、この、売上=値段x数量がリピートされる商品サービスということだ。繰り返し、何度も何度も、定期的に買っていただけるという意味だ。

 

大きな物件モノを狙うという意味ではない。

 

繰り返しの物件を獲得するための、3大重要実施事項を打ち立ててほしい。

 

 

f:id:mirukizukublog:20150908132155j:plain

 

 

 「安定事業」の深堀

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

以上をまとめると、シンプルな計画書ができる。A4で1枚にまとめても良い。

 

 

 

シンプルな経営計画書のイメージ(サンプル)

f:id:mirukizukublog:20160705162024j:plain

 

それを従業員に配布し、毎月の進捗を確認していくのみだ。

 

3枚の方が余白がたくさんある分、書き込みしやすい。裏表を使って、1枚でも良い。好きなように応用してもらえればと思う。

 

 

 

定期的にPDCAを行う

3大目標の進捗を確認するために、「何をやめ、何を実行したのか」を振り返ってほしい。 

 

各従業員には、計画書作りに参加したため当事者意識ができている。比較的に自主的に動いていくだろう。

 

 

重要な項目をシンプルにまとめた計画書だ。

 

ポイントが外れていないと、最小の力で、最大の成果が出る。

 

成果がでれば、社長は資金繰りを考えなくてもよくなる。決算書の細かな分析も必要なくなる。

 

浮いた時間で、社長は、集中して戦略構想を練ることができる。

 

それによって、さらに儲けやすい体質となっていく。

 

社長が最も熟考すべき、「何を、誰に」の戦略がよく練られてないと、従業員一同の汗と努力に報いる成果は出せない。

 

 がんばってほしい。

 

 

戦略構想で役に立つこちらの思考術も紹介しておく。

 

社長、さすが!と言われる柔軟発想

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

 社長は何をする人か 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

つらい社長へ 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念の作り方


理念番号発行

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.