読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

一番のコストは社長の頭の中~経営者がバカでは社員が困る~

ビジネス ビジネス-社長の仕事

「企業の最大のコストは社長の頭の中」

 

と松井証券の松井道夫社長のセミナーで習った。確かにその通りだ。名言だ。

 

トンチンカンな社長の指示のために、振り回されている社員が80%以上ではないかと推測している。

 

社長は必ずしも秀才ばかりではない。

 

ある意味、無謀で、向こう見ずで、一方で勇敢で、チャレンジャーでいろいろなタイプがある。

 

成績で言えば、0点~100点それぞれいるが、多くの社長を観察していると、おおよそ60点~80点ぐらいの、いわゆる「中の上」ぐらいが多い。

 

だから、本当に頭の良い従業員から見れば、あまりにもトンチンカンすぎる方針はモチベーションを下げる原因となる。

 

 

 

社長は「世の中全体の動き」を感じ取るべし。

社長はあらゆる情報をできるだけ見聞すべきである。

 

本屋に行ったら、ビジネスコーナーだけでなく、できるだけたくさんのジャンルの本や雑誌のタイトルや見出しを読むだけでも、時代の流れが掴める。

 

情報は偏らない方がよい。あらゆる視点から熟考できる柔軟性を持ち合わせたい。

 

ロングセラーの歴史書や、成功している社長が紹介している本などは、まず押さえておきたい。

 

成果を出す思考ができる思考術の根底を身に着けてもらいたい。

 

 

 

社長は「現場」を知らなければいけない。

現場に出ない社長の指示は的外れであることが多い。

 

多くは営業マンからの日報や報告で良いのだが、自分が疑問に思った時には自分の足で現場に行くべきだ。そして、とことん観察して真の情報を得るべきだ。

 

営業マンの報告には脚色がある。

 

知っていてもあえて報告できないことがたくさんある。裸の王様になってはいけない。

 

 

 

社長は「コストダウン」の意味を理解すべし

コストと言えば、コストダウンをイメージ社長が9割だと思うが、ピーター・ドラッカーのコスト概念をよく勉強すると良い。

 

一般的なコストダウンも大事だが、投資額をいかに最大化するかというコストの使い方の方が大切だ。

 

その使い方を知っているという知識や経験が重要なのだ。

 

仕入先を必要以上に叩いて稼ぐ社長は能無だ。

 

共存共栄という自然の摂理からも外れている。それで残った利益や内部留保は、仕入先の怨念がたくさん詰まっている。そんな会社は長く永続しない。

 

 

 

社長は何に投資すべきか?

まずは、今、投資を最大にしている社長の考え方をまとめてみた。

 

下記はミルキヅクの独自解釈であり推測である。

 

 

最適なコストの使い方をしている会社のポイント

 

孫正義/ソフトバンク

50年先ぐらいを見越してお金が動く業界のプラットフォームビジネスの先取り。

 

キーエンス

高価な商材の余計なモノをコンサル営業で省いて、必要な機能を盛り込んだ高付加価値な商材を前受注で受け大量発注で安く作る

 

イーロンマスク

お金が大きく動く業界で競争が緩いところを狙う

 

フェイスブック

SNSからの広告(人の視るという時間の最大化)

 

グーグル

検索からの広告(人の視るという時間の最大化)

 

アップル

「ソフト」「ハード」「受け皿」の三位一体サービスで儲け続ける仕組み。

例えば、ソフトはアプリ ハードはアイフォン、受け皿はi-tuneだ。

 

 

それぞれ会社のキーポイントを現業のビジネスに当てはめて考えてみてほしい。

 

 

 

社長は構想力を磨くべし

社長は上記のように構想力を学んでほしい。

 

構想力とは、戦略、戦術よりも高次の概念だ。

構想力と戦略の重みづけは、8:2である。

 

構想力とは、安定して儲け続ける仕組みのことだ。

 

 

 

社長は戦略戦術を磨くべし

構想力ができたら、次が戦略、戦術だ。

 

戦術は営業部やマーケティング部に任せてもよいが、ほとんどの中小企業では社長がすべきだ。

 

戦略とは、「誰に」と「何を」を決める作業。簡単なようで奥が深い。

 

多くの会社のチラシやDMやダイレクトメールを見ると、「誰に」が全然熟考されていないことがわかる。

 

戦術とは、具体的な売り方だ。よく研究してほしい。

 

 

 

社長は時間管理を徹底すべし

社長は、最大限に成果を出す上記の事柄を常に考えていなければいけない。

 

一日は24時間だ。ちゃんとした睡眠と食事を確保すると、残りは14時間ぐらいだ。

 

長いようで14時間はあっという間だ。

 

成果に繋がらないことは、一旦やめて、時間を確保してほしい。

 

 

 

社長は体調管理を徹底すべし

体調が悪いと、切れ味のある思考ができない。

 

また、軽快なフットワークや観察力が無くなり、現場感覚が鈍くなる。

 

常に頭がクリアな時間を増やすために、睡眠の徹底、食事管理、運動管理を行ってほしい。

 

しかし、現状日本の社会ではお酒の席で人間関係を深めて仕事をもらうパターンがまだまだ多い。

 

日本の社長の肝臓はやられている。飲む行為が本当に従業員一同の汗と努力から最大限の成果を引き出す行為と信じるならば続ければよい。

 

いずれにせよ、アントニオ猪木が言うとおり、「元気があれば何でもできる」

 

いつも元気でいてほしい。社長の柔らかい笑顔は会社の雰囲気を明るくする。

 

 

 

まとめ

 「一番のコストは社長の頭の中」について書いた。

  

従業員お努力と汗を一滴でも無駄にしないよう、社長が汗をかき、頼りにされる指示を出してほしいと思う。社長は思考時間が長いので、従業員からは誤解されやすいポジションにいる。

 

「社長は何もしていない。一体何をしているのだろう」と。

 

そして、その熟考から考え抜かれた構想力や戦略が、成果の8割以上を占めることを理解してくれる従業員は少ない。

 

成果とは「粗利益を増やす」ことだ。

 

常に誤解されやすいポジションだからこそ、孤独でもある。

 

日本の社長は、必ずしも優秀な知能の持ち主ばかりではないが、頑張っている。

 

指示が間違えてもよい、朝令暮改でも良い。人間だ。完璧な人はいない。

 

しかし、少なくとも、自らの判断と指示内容が大きな影響力を与えることをよく認識して、全身丸ごと社長で刹那を過ごしてほしい。

 

 

 

 社長向けおススメ記事

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

mirukizuku.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1


理念の作り方


理念番号発行

 

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.