読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルキヅクのブログ

あなたの中の、「何のために」を、スッキリさせるお手伝い

働かなくても生きていける時代の到来を予見する

 

「働く」とは、傍を楽にする

つまり、「周りを楽にすることだ」との

意見がある。

 

ミルキヅクも、同感だ。

 

一方、働くことは当たり前だという意見は、

一応、憲法で「勤労の義務」があるので、

そのように思うかもしれないが、

働かずに生きることは、進化の証である。

 

宇宙人がいるとしたら、

おそらく、十中八九、働いていないと思う。

 

途上国から、先進国の働きや、

昔の人と今の人の働き方を見ればわかる。

 

同じことが、より短時間で、より快適に、

便利にできるようになっている。

 

洗濯機も、電子レンジも、掃除機も、

「ボタン一つ」で、半自動が多い。

 

あらゆるものが

ボタン一つ」になっていくだろう。

 

そして、

この「ボタン一つ」のシステムを

考えた人が、働かずに食べていける

最有力候補となる。

 

「ボタン一つ」で動く世の中を作り上げるためには、

相当な、創意工夫がいる。

 

それが完成するまでは

人は働き続けなければいけない。

 

ただの、手抜きと、

創意工夫は、紙一重に見えて、

内容は、全く違う。

 

いずれ、

人が働かなくても生きていける

時代が到来するだろう。

 

その時、

「働くことが当然」と考えていた人類を

冷笑するだろう。

  

備考だが、

「資産家は働かなくても食べていける」と思う人も多いだろうが、

本質的ではない。

 

資産を持っていることそれ自体では、人間の働き自体を

オートメーション化、つまり、「ボタン一つ化」を

実現できない。

 

資産があると、定期収入があるかもしれないが、

なんら付加価値を生まない。

 

実際に、手と頭を使って

創り出す行為に、本質がある。

 

ユニクロが週休3日制を導入した。

 

週休4日制

週休5日制

週休6日制

そして、働かなくても食べていける時代が来るだろう。

 

一方で、

それではあまりに人生がつまらないかもしれない。

 

人は、より創造的な事を求めるだろう。

 

そのためにも、今から理念を持って邁進することだ。

 

理念が定まれば、そもそも、「仕事」=「遊び」になる。

 

週休何日でも、関係がなくなる。

 

 

f:id:mirukizukublog:20141106155935j:plainミルキヅク 

理念番号 M1

理念の作り方の要点 全40回

あなた様の理念番号を発行する

 

Copyright (C) 2014-2017 ミルキヅク. All Rights Reserved.